COIN TOKYO

¥1,069,610
BTC +0.02%
¥22,601
ETH +0.15%
¥29.56
XRP +0.37%
¥32,873
BCH +0.00%
  • 2019/08/19
  • 2019/08/19
  • コイン東京編集部

グレイスケールのGBTCプレミアムが現物BTCの価格レンジを示唆

このエントリーをはてなブックマークに追加
グレイスケールのGBTCプレミアムが現物BTCの価格レンジを示唆-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
ビットコイン(BTC)が9,500ドル前後に下落した頃、過去7日間で20%減少していました。依然として上昇トレンドにあるとは言えないが、19日時点に1BTC=10,300ドルを越えてより好調に取引されています。しかし、いくつかの指標はビットコイン市場の不調がまだ続いている事を示唆しています。

19日、暗号業界のファンドマネージャーのティモシー・ピーターソンは、グレイスケールのビットコイントラスト証券(GBTC)のプレミアムを、BTCの価値に関連付けるモデルを公開しました。

グレイスケール投資家は「BTCが過大評価」と考える

Grayscale Bitcoin Trust(GBTC)は、デジタル通貨の資産管理会社グレイスケール・インベストメンツが組成するオープン・エンド型投資信託です。米店頭(OTC)株式市場「OTC Markets(OTCQX / OTCQB)」に上場しており、投資家はGBTCを通して、秘密鍵の保管、所有、管理不要でビットコインの価格にエクスポージャーを得ることができます。GBTCの1株は0.00097834 BTCを表します。需要の高まりから、1株の公募価格はBTCの現物価値よりも約30%のプレミアムが継続的に発生しています。

ピーターソン氏のモデルは、今年初めから現物ビットコインとGBTC価格を比較しています。その価格乖離(プレミアム)が高いほど、BTCのスポット価格が高くなる傾向を示しています。

しかし現在の分析によると、プレミアムは徐々に減少しているため。乖離率から逆算すると、現物ビットコインがより低下する可能性を示唆しています。

「GBTCの投資家は、ビットコインがまだ過大評価されており、8,000〜10,000の間で取引するべきと考えている。」

いくつかの暗号トレーダーもまた、ビットコインが今後数千ドルのレンジを推移すると分析としています。Financial Survivalismは、移動平均線の短期的な「デス・クロス」を指摘して、8,775ドルのターゲットが「合理的で、BTCの短期チャートに弱気フラグが表示されている」と主張しました。

アナリストは、買い圧力の低下と売り圧力の増加により、ビットコインは短期価格チャネルのボトムバンドに触れるために下落すると考えています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る