COIN TOKYO

¥1,069,252
BTC +0.03%
¥22,530
ETH -0.13%
¥29.52
XRP +0.11%
¥32,816
BCH -0.03%
  • 2019/08/21
  • 2019/08/21
  • コイン東京編集部

ダブルトップ/ダブルボトムとは-FXや株のチャートでの注目ポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加
ダブルトップ/ダブルボトムとは-FXや株のチャートでの注目ポイント-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
仮想通貨やFXのチャートを見ていると、ダブルトップ/ダブルボトムというチャートの形を頻繁に見ることがあるでしょう。ダブルトップ/ダブルボトムはうまく活用すればトレンドの形や転換点を見分けるのに役立ち、エントリーポイントを判断するのに使えます。今回はダブルトップ/ダブルボトムについて詳しく解説します。

ダブルトップ/ダブルボトムとは-FXや株のチャートでの注目ポイント

ダブルトップ/ダブルボトムとは-FXや株のチャートでの注目ポイント

仮想通貨・FX・株式のチャートを見ていると、山や谷が2つ見られる形が出現することがあります。

この中で山が2つある形を「ダブルトップ(Wトップ)」、谷が2つある形を「ダブルボトム(Wボトム)」と呼び、トレンドの転換時に現れることが多いチャートの形です。

いずれもエントリーポイントを見極めるのに重要なポイントなので、しっかりチェックしておくことをオススメします。

ダブルトップ/ダブルボトムが形成される理由

ダブルトップ/ダブルボトムは市場に参加しているトレーダーの心理状況を反映したチャートの形です。主に以下のような流れで形成されます。

■ダブルアップ/ダブルボトム出現時によくあるチャートの動き
上昇/下降トレンドにあったチャートが反転する
再び反転して元のトレンドに戻ったように見える
1回目に反転したポイントで再び反転する
ネックラインを割り込んでトレンドが転換する

それぞれの状況について以下で詳しく解説するので、しっかりチェックしておきましょう。

1. トレンド中に1回反発する

ダブルトップ/ダブルボトムが出現する場合、前兆としてトレンド相場だったチャートが1回反発します。上昇トレンド中の場合は一旦下落し、下降トレンド中の場合は一旦上昇に転じるでしょう。

これはトレンド相場が継続したことによって含み益が出ているトレーダーが利確することなどによって発生します。

2. 再び反発する

一旦反発したチャートは多くの場合、少し上昇/下落した所で再び反転して元のトレンドの方向に動くことが多くなっています。再び反転した場合、そのままトレンドが継続した場合にはダブルトップ/ダブルボトムは形成されません。

3. 最初に反転した価格付近で再び反転する

ダブルトップ/ダブルボトムが出現する場合、元のトレンドに戻ったように見せかけて最初に反転した価格付近で再び反転します。これによって2つの山または谷がチャート上に出現するでしょう。

ダブルトップでは「M字」、ダブルボトムでは「W字」になるのでチャートをしっかり見てこれが出現していないかを確認してください。

この時点で多くのトレーダーは「最高値付近がレジスタンスラインになっているので今後は価格が上昇/下落しにくいだろう」と考えます。このように多くのトレーダーの心理が反映されたものがダブルトップ/ダブルボトムといえるでしょう。

4. ネックラインをブレイクアウトすればトレンド転換の可能性が高い

反転したチャートがネックラインをブレイクアウトした場合はトレンドが転換した可能性が高いといえます。この瞬間はエントリーするタイミングの1つなので、チャートをしっかりチェックしてチャンスを逃さないようにしてください。

トレーダーはネックラインを意識するため、これをブレイクアウトすると「トレンドが転換したからエントリーしよう」と考えます。この心理状況はトレンドを転換させて価格を大きく動かす力になるでしょう。

なお、ネックラインについて詳しく知りたい人は以下の記事もあわせてチェックしてみてください。

ダブルトップとは

ダブルトップとは

それではダブルトップについて見ていきましょう。ダブルトップは「上昇トレンドが下降トレンドに転換する時」に見られるチャートの形で、M字になっているのが特徴です。

ダブルトップのチャート

ダブルトップのチャート

ダブルトップのチャートとは上記の画像のようなチャートです。注目すべきポイントは以下の通りです。

(1) 上昇トレンド
(2) 1回目の反発
(3) 再び反発して価格が上昇する
(4) 1回目の高値付近で反発する
(5) 下降トレンドに転換する

実際のチャートでチェックするとこのような形になります。今回はネックラインをブレイクアウトしているので、トレンドが転換した可能性が高いといえるでしょう。

もちろん、これがダマシで再び上昇トレンドに転換する可能性もありますが、トレードのセオリーとしてはトレンドの転換と判断します。

ダブルトップのエントリーポイント

ダブルトップのエントリーポイント

上記のチャートを見てダブルトップ出現時のエントリーポイントを探していきましょう。

なお、エントリーする場合はエントリーしたい時間足とともにより長期の時間足のチャートもチェックしましょう。

一例として、1時間足でネックラインをブレイクアウトした時に日足でみると一時的な反転(戻り売りなど)になっていることがあります。このように2種類のチャートを併用するとよりトレンドがわかりやすくなるでしょう。

基本的なエントリーポイントの探し方は次の通りです。

1. チャートにダブルトップが出現する
2. ネックラインを引く
3. ネックラインをブレイクアウトしたタイミングでエントリーする

基本的なエントリータイミングは「ネックラインをブレイクアウトした時」です。タイミングを見逃さないようにするためにも、2回目の転換ポイントを確認し、ダブルトップの可能性があると判断したらネックラインを引いておきましょう。

エントリー後に注目すべきポイントは「ちゃんと下降トレンドに転換するか」です。ブレイクアウトに見せかけて実は再び転換して高値チャレンジをする可能性もあるので、注意深くチャートを見ましょう。

ダブルトップと三尊天井(トリプルトップ)の違い

上昇トレンドから下降トレンドに転換する場合、ダブルトップの他に三尊(トリプルトップ)が出現することもあります。

トリプルトップはその名の通り3つの山が形成されるチャートの形で、「2つ目の山が最も高く、3つ目の山は1つ目より低い」という特徴があります。ダブルトップより出現率は低いものの、こちらもトレンドの転換点を探すのに役立つので、しっかり覚えておきましょう。

トリプルトップ出現時のエントリーポイントはダブルトップと同様に「ネックラインをブレイクアウトした時」です。

ダブルボトムとは

ダブルボトムとは

続いてダブルボトムについて見ていきましょう。ダブルボトムはW字になっているチャートの形で、「下降トレンドから上昇トレンドに転換する兆し」といえるでしょう。

基本的にダブルトップと逆の形になるので、以下を参考にしてチャートをチェックして探してみてください。

ダブルボトムのチャート

ダブルボトムのチャート

実際のダブルボトムのチャートの一例は上記に掲載した通りです。ここで注目すべきポイントは以下の通りです。

(1) 下降トレンド継続中
(2) 1回目の反発
(3) 再び反発して価格が下落する
(4) 1回目の安値付近で再び反発する
(5) 上昇トレンドに転換する

こうしてチェックしてみると、前述のダブルトップの逆であるといえるでしょう。ネックラインをブレイクしたタイミングでトレンドが転換したと判断することができます。

もちろん、こちらもダブルトップの場合と同様にダマシの可能性もあるので注意してください。

ダブルボトムのエントリーポイント

ダブルボトムのエントリーポイント

ダブルボトムの場合もエントリーポイントを判断するためにネックラインが役立ちます。2回目の反発を確認したら、とりあえずネックラインを引いておきましょう。

ダブルボトム出現時のエントリーポイントの探し方は以下の通りです。

1. チャート上にダブルボトムの可能性がある形が出現する
2. ネックラインを引く
3. 引いたネックラインをブレイクアウトしたタイミングでエントリーする

下降トレンド中に価格の反発が確認され、再び反発した後に最初の安値付近で3回目の反発が見られた場合、ダブルボトムの可能性があると判断してネックラインを引いておきます。

その後はネックラインに向けて価格が上昇するかどうかに注目し、ブレイクアウトを確認したら上昇トレンドに転換したと判断できるでしょう。このタイミングがエントリーポイントです。

よりトレードの勝率を上げるためには、ダブルトップの場合と同様に1時間足と日足など、異なる時間足のチャートを見るのがオススメです。

ダブルボトムと逆三尊(トリプルボトム)の違い

下降トレンドから上昇トレンドに転換するシグナルには、ダブルボトムの他にも逆三尊(トリプルボトム)というものがあります。この2つのシグナルの関係は、上昇トレンドから下降トレンドに転換する場合のダブルトップ/トリプルトップと同様です。

トリプルダウンは谷が3個あるチャートの形で、2個目の谷が最も深く、3個目の谷は1個目の谷より浅いという特徴があります。

そのため明確な反転が見られ、2個目の谷が1個目の谷に比べて明らかに深い場合はダブルボトムの可能性の他にトリプルボトムの可能性があるとおぼえておきましょう。

最初はダブルボトムと考えてネックラインを引いておき、トリプルボトムの可能性が高まったら引き直すといった運用がいいかもしれません。

ダブルトップ/ダブルボトムだまし(否定)を回避する方法

ダブルトップ/ダブルボトムだまし(否定)を回避する方法

ダブルトップ/ダブルボトムも他のさまざまな指標と同様に「ダマシ」が発生することがあります。ダマシが発生すると、ダブルボトムに見せかけてそのまま上昇トレンドが継続したり、ダブルボトムに見せかけて下降トレンドが継続したりするので注意が必要です。

このダマシに100%引っかからない方法はありませんが、エントリータイミングを考えることによって引っかかりにくくすることはできます。具体的な方法は次の通りなので、ぜひ参考にしてください。

仮想通貨だけでなく、FX・株式・バイナリーオプションなどさまざまなスタイルの投資で役立ちます。

ダブルトップの可能性がある場合は「レジスタンスライン付近」でエントリーする

ダブルトップの可能性がある場合は「レジスタンスライン付近」でエントリーする

通常、ダブルトップでエントリーする際はネックラインをブレイクアウトした時を狙いますが、ダマシを回避するためにはレジスタンスライン付近で2回目の反発を確認したタイミングでエントリーします。

しかし、この場合は逆にダブルトップに見せかけてそのまま上昇トレンドが継続するという別のタイプのダマシに警戒しなければなりません。したがって、このタイプのエントリーをする場合はレジスタンスラインよりやや上にロスカット用の逆指値注文を入れておくのがいいかもしれません。

ダブルボトムの可能性がある場合は「サポートライン付近」でエントリーする

ダブルボトムの可能性がある場合は「サポートライン付近」でエントリーする

逆にダブルボトムの可能性がある場合、サポートライン付近でエントリーするとダマシを防ぎやすくなるでしょう。ただし、ダブルトップの場合と同様にサポートラインが機能せずにそのまま下降トレンドが続く可能性もあります。

したがって、この場合もサポートラインのやや下側にストップロス用の逆指値注文を入れておきましょう。

このように、ダブルトップでもダブルボトムでも100%ダマシを防ぐ方法はありません。そのため、セオリーに従ってネックラインをブレイクアウトした瞬間にエントリーするのか、レジスタンスライン/サポートライン付近でエントリーするのかを考えましょう。

他の指標などを合わせてチェックしつつ、価格が上昇する可能性と下落する可能性のどちらが高いかを考えてエントリーしましょう。

ダブルトップ/ダブルボトムを表示する便利なインジケーター

ダブルトップ/ダブルボトムを表示する便利なインジケーター

有名トレーディングツールのMeta Trader 5には、自動でダブルトップ/ダブルボトムを表示してくれるインジケータ「Double_Top」が存在しています。これを利用すれば素早くダブルトップ/ダブルボトムを発見できるので、ぜひ活用してみてください。

Double_Topを利用する場合はMT5をインストールした後に以下の手順で操作します。

■Double_Topをインストールする方法
1. Double_Topのサイトからダウンロードする
2. MT5を開く
3. ファイルからデータフォルダを開く
4. MQL5フォルダを開く
5. Indicatorsを開く
6. フォルダ内にDouble_Top関連のファイルを入れる
7. MT5を再起動する
8. インストール完了

これでDouble_Topのインストールは完了なので、実際に使ってみてください。自動でダブルトップ/ダブルボトムを検出してくれるようになるだけでかなりトレードの助けになるでしょう。

ダブルトップ/ダブルボトムにある銘柄を見分けるコツ

ダブルトップ/ダブルボトムともにリアルタイムチャートで見つけやすい形ですが、よりエントリー時の勝率を上げるためにはいくつかのコツを押さえておくのがいいでしょう。そのコツは以下の通りです。

ダウ理論を併用する

ダウ理論を併用する

こちらはダブルボトムというよりはトリプルボトムに近い形ですが、これから上昇トレンドに転換するのかダマシなのかの判断に迷うかもしれません。

ダウ理論では「安値・高値ともに切り上げれば上昇トレンドへの転換」というセオリーがあるため、それに照らし合わせて考えると今回は上昇トレンドに転換する可能性が高いと考えられるでしょう。

したがって、買いのエントリーを検討してみてください。

もちろん、ダブルトップの場合は逆に「高値・安値ともに切り下げれば下降トレンドへの転換」というセオリーが使えるので、あわせて覚えておきましょう。

ダブルトップ/ダブルボトムに注目してトレードの勝率を上げよう!

ダブルトップ/ダブルボトムに注目してトレードの勝率を上げよう!

今回はトレンド転換時にチャートに現れることが多い「ダブルトップ/ダブルボトム」について見ていきました。ダマシが発生することも多いものの、他の指標や別の時間足のチャートを組み合わせてチェックすればトレードの勝率を上げることができるでしょう。

ダブルトップ/ダブルボトムを自動表示するインジケータもあるので、こちらもうまく活用してみてください。また、ダブルトップ/ダブルボトムと合わせてトリプルトップ/トリプルボトムについてもチェックしておくことをオススメします。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る