COIN TOKYO

¥1,069,726
BTC +0.09%
¥22,549
ETH -0.06%
¥29.51
XRP -0.12%
¥32,903
BCH +0.22%
  • 2019/08/21
  • 2019/08/21
  • コイン東京編集部

リップル(XRP)はレンジ相場を継続!リップルの今後を価格チャートから分析【2019/8/21】

このエントリーをはてなブックマークに追加
リップルの今後を価格チャートから分析【2019/8/21】
リップル(XRP)は8月10日以降下降チャートからレンジ相場へ移行し、本日8月21日まで依然揉み合いの形を続けています。上値は20日移動平均線に抑えられた形で値動きを続けるリップル(XRP)は今後どのような値動きを見せるのでしょうか?チャートを確認していきます。

揉み合いの形を続けるリップル(XRP)は再びサポートラインへ接触する見通し

リップル(XRP)の対BTC日足価格チャート

(TraidingViewのXRP/BTC 日足チャート)

XRP/BTCの日足チャートを分析していきます。7月31日より勢いのある下降チャートを形成してきたリップル(XRP)は8月10日以降、それまでの下落を止める形となり、更に本日8月21日までレンジ相場を形成しています。

レンジ相場内の上値は20日移動平均線がレジスタンスラインとして機能しています。リップル(XRP)は今後も引き続きレンジ相場を継続させる場合、ベクトルを下方へ傾けている20日移動平均線と組み合わされることで下降型のトライアングルパターンを形成する可能性も考えられ始めてきました。

本日8月21日直近の値動きでは20日移動平均線接触後、短期的な下降チャートを形成しているリップル(XRP)、今後サポートラインとして機能している0.0000248BTC台への接触が考えられます。

対ドル(USD)のリップル(XRP)相場

リップル(XRP)の対USD日足価格チャート

(TraidingViewのXRP/USD 日足チャート)

XRP/USDの日足チャートを分析していきます。対法定通貨チャートでは8月13日に大陰線を形成したことをきっかけに下降チャートを形成していますが、その下値は2018年以降からサポートラインとして複数回機能している価格帯へ接触後反発の値動きを見せています。

長期的なサポートラインで反発したことにより、下値は比較的堅い状況が続くと予測されるリップル(XRP)相場はサポートラインが機能している状況でどこまで上値を伸ばせるのかという点が注目です。

またMACDを組み合わせた場合、7月15日以降のリップル(XRP)はダイバージェンスも発生しているため、これまでの下降チャートを終える可能性が十分に考えられる状況でしょう。

今後のリップル(XRP)価格チャートで予想される動き

対法定通貨チャートでも下降チャートから一時落ち着きを取り戻しているリップル(XRP)相場は今後もレンジ相場をしばらく続ける可能性があります。

まず本日8月21日の場合、サポートラインである0.0000248BTC台でしっかりと反発の値動きを見せることが出来るのか注目しましょう。

仮にサポートラインを下へ割った場合はこれまでのレンジ相場から下降チャートへ切り替わる形となります。

リップル(XRP)の今後注目すべき価格

現在レンジ相場を形成しているリップル(XRP)はレジスタンスラインが0.0000271BTC台、サポートラインが0.0000248BTC台となっています。それぞれの価格帯をブレイクした場合、レンジ相場から次なる相場へ以降することになります。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る