COIN TOKYO

¥1,069,726
BTC +0.09%
¥22,549
ETH -0.06%
¥29.51
XRP -0.12%
¥32,903
BCH +0.22%
  • 2019/08/21
  • 2019/08/21
  • コイン東京編集部

エイダコイン(ADA)は8月下旬に向けての動きに注目、ADAの今後を価格チャートから分析【2019/8/21】

このエントリーをはてなブックマークに追加
ADAの今後を価格チャートから分析【2019/8/21】-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
6月頃から大きく価格を下落させているエイダコイン(ADA)は、現在一旦の底をつけ反発の姿勢を見せています。エイダコイン(ADA)は対BTC価格チャート、対USD価格チャートともに8月末に向けての動きが重要になってくると考えられ、今後の動きに注目が集まります。

今回はエイダコイン(ADA)の今後のポイントを価格チャートをもとに確認・分析し、解説していきます。

対BTCのエイダコイン(ADA)は形成中の保ち合いを下抜け、今後の価格下落に警戒

エイダコイン(ADA)の対BTC1時間足価格チャート

対BTCのエイダコイン【ADA/BTC】1時間足チャートを確認していきます。

7月下旬から大きく価格を下落させたエイダコイン(ADA)は、今月10日に0.000004BTC付近(青ボックスライン)まで下落したところで反発させ、その後ペナントを形成しながら価格を推移させていました。

しかし本日の朝に形成していたペナントを下に抜けてしまった為、今後短期的に再び価格を下落させる可能性が高く、またリターンムーブの動きにも警戒が必要です(赤丸)。

今後価格を下落させていった場合、0.0000044BTC付近(黒水平線)がサポートとして意識されるポイントと考えられ、ライン付近の価格帯での値動きには注視しておきましょう。

長期下降トレンドラインに上値を阻まれるエイダコイン(ADA)、8月下旬に向けての動きに注目

エイダコイン(ADA)の対BTC日足価格チャート

続いて対BTCのエイダコイン【ADA/BTC】日足チャートを確認していきます。

日足チャートを確認すると今回上値を阻んだ要因として長期下降トレンドライン(赤)が意識されている可能性が高く、今後もこのトレンドラインは上値を阻む要因となってきそうです。

8月下旬までに長期下降トレンドラインを上抜けするか、直近の底値(黒水平線、0.000004BTC付近)を下抜けするかの決着がつくので今後のエイダコイン(ADA)の動きには注目しておきましょう。

今後長期下降トレンドラインを上抜けする動きを見せた場合、0.0000055BTC付近の価格帯 (オレンジボックスライン) はレジスタンスとして意識される可能性が高く、一時的に上値を阻む要因になる恐れがあります。

対USDのエイダコイン(ADA)は現在下降ウェッジを形成中、今後のウェッジ上抜けへの動きに期待

エイダコイン(ADA)の対USD日足価格チャート

最後に対USDのエイダコイン【ADA/USD】日足チャートを確認していきます。

対USDのエイダコイン(ADA)は、6月に形成していた巨大なアセンディング・トライアングル上抜けに失敗して以降、価格を下落させ続けており現在も弱気相場が続いています。

現在日足水準で下降ウェッジを形成していることがチャートから見て取れ、今後価格を再び下落させた場合はウェッジ下限での反発、その後のウェッジ上抜けに期待したいところです。

形成中のウェッジの収束点は8月末であり、対BTCと同じく対USDのエイダコイン(ADA)の8月末に向けての動きにも注目しておきましょう。



本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る