COIN TOKYO

¥1,068,798
BTC -0.02%
¥22,544
ETH -0.08%
¥29.53
XRP -0.01%
¥32,879
BCH +0.16%
  • 2019/08/21
  • 2019/08/21
  • コイン東京編集部

韓国の仮想通貨取引所Prixbitが閉鎖「ユーザーは、預けた資産に不安を抱えている」

このエントリーをはてなブックマークに追加
韓国の仮想通貨取引所Prixbitが閉鎖-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
8月9日に韓国の仮想通貨取引所Prixbitが正式に事業停止を発表した。19日にBusinessKoreaは、「Prixbitの閉鎖は財務難と関係があり、ユーザーは預けていた資産に不安を抱えている」と報じた。

200の韓国取引所が閉鎖する見込み

Prixbitは「内部および外部のネガティブな影響により、管理の困難を克服できず、通常操業が不可能になった」と述べた。また、顧客情報を提供したユーザーの全預金を返済することを約束し、できるだけ早く払い戻し登録を済ませるよう奨励した。

Prix​​bitについて入手できる情報はほとんどない。ICOを追跡するFoundicoによると、ベータ版は2019年2月にローンチされました。正式なオープンは9月に設定され、Prix​​bit取引所はGRXとPRXの2つのネイティブトークンを発行する予定だった。

BusinessKoreaによると、事実上、韓国で主要な4つの取引所(Bithumb、UPbit、Coinone、Korbit)のみが銀行契約を維持でき、残りは金融システムから締め出される可能性が高い。後者には推定200の韓国取引所が含まれ、取引量は低下し、閉鎖の危険に晒されている。これはセクター全体の97%に該当する。

現状、韓国の仮想通貨産業はセキュリティと規制遵守を強化している。今月初め、韓国金融委員会(FSC)の韓国金融情報分析院(KoFIU)は、仮想通貨取引所を直接規制し、規制システム導入に向けた法案を提出した。これまでFIUは、民間銀行が提供する実名口座の規制を通じて、仮想通貨取引所を間接的に管理していた。

FIUの管理・計画責任者リー・テ・フーン氏は、マネーロンダリングに対抗する世界的な政府間組織である金融活動作業部会(FATF)が推奨する「仮想通貨取引所のライセンスシステム」を導入することにより、暗号取引の透明性を高めると述べた。

「FATFの国際基準を反映した、『特定の金融取引情報の報告と使用に関する法律改正案』が国会で可決した場合、仮想通貨を使ったマネーロンダリング対策が強化されます。」

6月の報道によると、韓国の金融規制当局は今年後半に金融取引情報法の改正を計画しており、既存の仮想通貨法に追加の要件を設置して、実名アカウントを使用しない事業者を排除する罰則規定を設ける予定だ。

法案が成立した場合、規制を順守しない取引所は最大5年間の懲役刑および42,975ドルの罰金に直面する可能性がある。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る