COIN TOKYO

¥820,077
BTC -0.19%
¥16,151
ETH -0.19%
¥24.85
XRP +0.55%
¥23,095
BCH -0.27%
  • 2019/08/22
  • 2019/08/22
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

韓国の大手取引所Bithumb、仮想通貨の適格性審査委員会を設置

このエントリーをはてなブックマークに追加
韓国の大手取引所Bithumb、仮想通貨の適格性審査委員会を設置-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
22日、韓国の主要な仮想通貨取引所Bithumbは、現在上場している全ての仮想通貨の適格性の見直しのため、スクリーニングを行う事を発表した。

Bithumbは上場適格性に関する審査委員会を設置する予定で、委員会の活動は9月に開始する。これは、将来的な上場審査について継続的に取り組んでいくことになる。

仮想通貨の適格性審査委員会を設置

現在Bithumbに上場している全ての仮想通貨は、委員会でリスティング適格性のレビューを通貨する必要がある。適格性が無いコインは上場廃止となるが、2ヵ月間の猶予期間が設けられ、改善が見られない場合に除外される。

適格性の審査項目は以下の通り;

・日々の取引量低く、そうした状態が1ヵ月継続する場合
・プロジェクトを発展させようとする開発者のサポートが減少している場合
・仮想通貨やベースブロックチェーンに欠陥が見られる場合

Bithumbは、仮想通貨財団向けにスクリーニング基準と手引きを作成している。審査の詳細を監査可能なものにして、委員会の活動の透明性を高めたいと考えている。同社のスポークスマンは以下のように述べた;

「取引プラットフォーム上の全ての仮想通貨の適格性をスクリーニングする事で、技術開発のチェックと、仮想通貨プロジェクトのそれぞれのユーティリティを強化したいと考えています。」

8月初旬、韓国の仮想通貨取引所Coinoneは、デジタル通貨プロジェクトの上場審査基準をリリースしました。Coinoneは、ビジネスモデルの持続可能性、ガバナンスの透明性、トークン配布計画、ビジョンと価値、市場規模、ユースケース、チーム編成、ロードマップ達成率、市場性などの9項目を特に考慮します。

現在、韓国の仮想通貨産業はセキュリティと規制遵守を強化している。BusinessKoreaによると、事実上、韓国で主要な4つの取引所(Bithumb、UPbit、Coinone、Korbit)のみが運営を維持でき、残りは金融システムから締め出される可能性が高い。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る