COIN TOKYO

  • 2019/08/29
  • 2019/08/29
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

ライトコイン(LTC)のハッシュ値は下げ止まり、クジラも蓄積を再開か

このエントリーをはてなブックマークに追加
ライトコイン(LTC)のハッシュ値は下げ止まり、クジラも蓄積を再開か-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
29日にライトコイン(LTC)は、およそ66ドル(7,000円)で取引されています。2019年初頭に30ドルだったLTCは、歴史的に価格上昇を伴うイベント「半減期」に向けて上昇し、6月22日に141ドルの年初来高値を付けました。

ライトコインは、日本時間で8月5日19時頃に半減期を迎えて、ブロック報酬が25LTCから12.5LTCに減少しました。以来、ハッシュレートは約30%下落、価格も直近高値圏から54%減少しました。

LTCクジラは蓄積を再開か

2019年初頭にLTCホエール(大口)ウォッチャーは、2番目に最大のライトコインアドレスが蓄積し続けていることに注目しました。アドレスの残高が増加するにつれて、LTC価格が増加してきた事が示されています。

ライトコイン(LTC)ハッシュレート
ソース:Bitinfochart

2番目に最大のライトコインアドレスは、2018年11月15日に所有していた116万枚のLTCを手放しました。2019年1月6日以降、2万枚単位で蓄積を再開させ、3月5日時点に68万枚、6月16日には約137万枚のピークに達しました。しかし6月19日に87万枚に削減しました。

このライトコイン投資家が、他のウォレット、あるいは取引所で資産を保有しているかどうかは不明です。大口はライトコイン(LTC)の価格が最高点に達する数日前に、50万LTC(当時7,000万ドル相当)の売却に成功した可能性があります。8月2日、ライトコインクジラは再び10万枚ずつ蓄積を再開させています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード