COIN TOKYO

  • 2019/09/04
  • 2019/09/04
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

ビットコイン(BTC)のドミナンスが年初来高値を更新、下降トレンドを抜けるか

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコイン(BTC)のドミナンスが年初来高値を更新-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
ビットコイン(BTC)は8月29日の安値9,320ドルから回復すると共に、仮想通貨市場における占有率(ドミナンス)が年初来高値を更新しました。

しかし、CoindeskのアナリストOmkar Godbole氏は、取引量が少ないため回復は一時的で、2日以内に9,750ドルへ下落する可能性を指摘した。同氏は強気の回復には、十分な取引量を伴う8月20日の高値10,956ドルを越えるUTCの日足クローズを条件とした。

BTCは下降トレンドを抜けるか

ビットコイン・ドミナンスの上昇
ビットコイン・ドミナンス(オレンジ)の上昇

CoinMarketCapによると、ビットコイン(BTC)は3日に最大10783ドルに上昇。8月29日の安値である9,320ドルから11.5%増加しました。仮想通貨市場におけるビットコインの市場占有率(ドミナンス)は70.5パーセントを超えて年初来高値を更新しました。

通常、価格上昇を伴うドミナンスの上昇は、アルトコインの購入資金としてではなく、長期的な資金がBTCに注がれていることを示しています。現在の課題は、10,000ドル未満からの回復が、10,956ドルを超えてロウアーハイの下降トレンドを打ち消す事ができるかどうかです。

BTCは下降トレンドを抜けるか

しかし、過去4日間の回復は持続性の無さを示しています。1時間足チャートの過去4日間の緑色の購入量は、8月28日の下落時の赤色の売却量を満たしていません。Godbole氏の見立てでは、最近の回復には実質が伴っておらず、2日以内に9,750ドルへと引き戻される可能性がある。

仮想通貨アナリストのJosh Rager氏は現在、10,760ドルを主要な抵抗ラインと見ている。下降トレンドを解消するには、11,983ドルを越える必要があると指摘した。同氏はまた、今週足を10,318ドルを越えて閉じれば強気、9,400ドル以下で閉じれば弱気と分析していた。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る