COIN TOKYO

  • 2019/09/04
  • 2019/09/04
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

PwCルクセンブルク、10月からビットコインの支払いを受け入れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
PwCルクセンブルク、10月からビットコインの支払いを受け入れ-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
世界四大会計事務所の一つPwC(プライスウォーターハウスクーパース)のルクセンブルク支店は、需要の増加に対応して、10月1日から顧客のビットコイン(BTC)支払いを受け入れます。

会計事務所がビットコインの支払いを受け入れ

2日のリリースによるとPwCルクセンブルクは、仮想通貨の革新的な側面と現在の欠点の両方を認めています。それでも基礎となる技術を経済の中長期的な発展を強く信じており、アーリーアダプター企業としての地位確立を目指しています。

「確かなことは、ビットコインが非中央集権型の信頼モデルに基づき、侵害できない最初のピアツーピア支払いメカニズムとしての約束を守っていることです。」

PwCルクセンブルクのブロックチェーン&暗号資産リーダーのトーマス・カンピオーネ氏は以下のように述べています;

「私たちの役割はリードすることです。PwCルクセンブルクが暗号の世界に固有の課題を理解する事で、積極的なエクスポージャーを持つリーダーになることで実現します。パブリックキー/プライベートキーで作られた世界におけるAML / KYCデューデリジェンスの課題を適切に評価すること、カストディ(保管)ソリューションの複雑さとリスク、または分散型金融エコシステムの成長について、自分たちが晒されることなくそれらを理解することは非常に困難です。」

PwCルクセンブルクは、最良の支払い体験を提供するために現地の規制された取引所と緊密に協力しています。なお、技術パートナーに関する詳細は公表していません。

世界的にPwCは、400人以上のスタッフがブロックチェーンと暗号トピックに取り組んでいます。その背後には、ブロックチェーン技術に専念する100人以上の技術チームメンバーがサポートしています。さらに、20人を超えるブロックチェーン開発者からなるCenter of Excellenceチームは全員、強力なネットワークで連携しています。

今年6月にPwCは、仮想通貨取引に携わっている顧客の監査をサポートするため、既存の監査ソリューション「Halo」に暗号対応プロダクトを追加しました。Haloの仮想通貨ソリューションは以下のことが可能です。

・仮想通貨の所有権を確立するために「秘密鍵と公開アドレスのペアリング」の独立した実質的なエビデンスを提供する。
・トランザクションと残高に関する裏付けとなる情報を、確実に収集するためのブロックチェーンとの連携。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る