COIN TOKYO

¥920,471
BTC -0.67%
¥19,829
ETH -0.72%
¥28.06
XRP -0.84%
¥28,164
BCH -2.38%
  • 2019/09/11
  • 2019/09/11
  • コイン東京編集部 ritz

SBIレミットがシンガポールの決済プロバイダーInstaReMと提携、リアルタイム国境間決済で

このエントリーをはてなブックマークに追加
SBIレミットがシンガポールのInstaReMと提携 -仮想通貨ニュースサイト コイン東京
10日、世界有数の金融決済インフラ企業InstaReM(シンガポール)は、2つの決済会社SBIレミット(日本)およびSBI Cosmoney(韓国)とのパートナーシップを発表しました。InstaReMは、2社の顧客に一部の市場でリアルタイムなクロスボーダー決済を提供します。

SBIレミットがシンガポールのInstaReMと提携

InstaReMは、東南アジアおよびヨーロッパの市場を含む55以上の国々に支払いサービスを提供しています。同社はすでに、世界のトップ10の東南アジアの銀行のうち4つの銀行と主要な金融機関の支払いを支援しています。InstaReMのPrajit Nanu CEOは、SBIとのパートナーシップについて以下のように述べています;

「SBIレミットおよびSBI Cosmoneyと協力して、リアルタイムな外部送金を強化できることを嬉しく思います。この提携により、InstaReMのリアルタイム決済の主要プロバイダーとしての地位がさらに強固になります。」

Nanu氏は、InstaReMがSBIレミットとSBI Cosmoneyの顧客が、期日と支払い額の安定性を確保しながら、より速い決済を支援すると強調しました。SBI CosmoneyのJoe Kim CEOは次のように述べています。

「InstaReMと提携して、お客様に迅速で安全、効率的な送金サービスを提供できることを嬉しく思います。」

2018年にInstaReMはRipple社のRippleNetに加入しました。同年5月にInstaReMは中南米のFXプロバイダーBeeTech社と提携し、RipplleNetを相互活用して国境間決済の提供範囲を拡大しました。

一方、SBIレミットはマネーグラムの国際的なネットワークを利用しています。昨年9月にSBIレミットは、ブロックチェーンを利用して迅速で低コストな支払いを行うプラットフォームBitPesaと提携しました。両社はアフリカのビジネスが日本製品をより購入しやすくするため、ブロックチェーン技術を活用して国境を越えた支払いの相互運用性の向上を目指しています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る