COIN TOKYO

¥906,833
BTC +0.08%
¥20,133
ETH -0.04%
¥32.00
XRP -0.20%
¥24,498
BCH -0.10%
  • 2019/09/15
  • 2019/09/15
  • コイン東京編集部 KAZE

ビットコイン(BTC)は明確なサポートラインを形成しながら揉み合いの値動き!ビットコインの今後を価格チャートから分析【2019/9/15】

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコインの今後を価格チャートから分析【2019/9/15】
ビットコイン(BTC)は9月13日以降、109万円台から110万円台をサポートラインとして揉み合いの値動きを続けています。明確なサポートラインを形成しながらも上値を伸ばすことが出来ていないビットコイン(BTC)は今後どのような値動きを見せる可能性があるのでしょうか?チャートを確認していきます。

明確なサポートラインを形成しながらも大きな上昇を見せることが出来ず

ビットコイン(BTC)の対JPY4時間足価格チャート

(TraidingViewのBTC/JPY 4時間足チャート)

BTC/JPYの4時間足チャートを分析していきます。9月13日以降、109万円台から110万円台をサポートラインとするレンジ相場を形成しているビットコイン(BTC)は本日9月15日揉み合いの値動きを継続しています。

レンジ相場となっているビットコイン(BTC)ですが、チャート上では5日・20日・75日全ての移動平均線を上回っているという点、今後の下値には一目均衡表の雲が推移する点から見ても、強気相場へ傾いた相場と言える状況です。

強気相場へ傾いている現在のビットコイン(BTC)相場にて、今後上昇を試みる展開を見せるのか注目です。

【ここがポイント】ビットコイン(BTC)/JPYの価格チャートの見方

ビットコイン(BTC)の対JPY日足価格チャート

(TraidingViewのBTC/JPY 日足チャート)

合わせてBTC/JPYの日足チャートも分析していきます。現在複数の移動平均線を上回っている点、4時間足チャートにて一目均衡表雲がサポートとして機能する位置に推移している点より強気相場目線となっているビットコイン(BTC)ですが、本日9月15日までに上昇を試みる値動きを見せていません。

上昇を見せていない理由の一つとして、現在のビットコイン(BTC)相場は日足チャートにてレンジ相場の上値付近に一目均衡表の雲が推移しているからだと考えることができます。

更に一目均衡表の雲は明日9月16日には下方へ広がる見通しとなっており、今後ビットコイン(BTC)が一目均衡表の雲に沿う形を見せる場合、レンジ相場を下抜けしてしまう可能性も控えられていると考えられるでしょう。

また9月23日以降には更に下方へ広がる見通しとなっていることも現在のビットコイン(BTC)市場に警戒を与えている要因となっています。

今後のビットコイン価格チャートの予想される動き

今後の値動きとして、本日9月15日から明日9月16日未明の値動きではレンジ相場の下抜けに警戒しましょう。レンジ相場の下抜けが起きない場合、ビットコイン(BTC)は一時的な警戒が解かれる形となるものの、9月23日以降には再び下方へ一目均衡表の雲が広がる見通しとなっているため、警戒を完全に解くことは出来ません。

現在のレンジ相場から104万円台から105万円台まで明確に上昇を見せる場合、ビットコイン(BTC)市場では今回一目均衡表雲の影響は受けにくいと判断することが出来、強気相場目線のまま更なる上昇への期待も高まることになります。

今後注目!ポイントのビットコイン相場価格

現在レンジ相場を形成しているビットコイン(BTC)は引き続きサポートラインである109万円台から110万円台には注目です。

また104万円台から105万円台までの上昇をみせ、更に強い反落を見せることが無い場合、ビットコイン(BTC)は上昇チャートを形成する可能性が高まることになるでしょう。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。


ビットコインを取引するならコインチェック!口座開設はこちらから
コインチェック口座開設

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る