COIN TOKYO

  • 2019/09/24
  • 2019/09/23
  • コイン東京編集部 アオ

仮想通貨ニュースまとめ!先週(9/16~9/23)の重要ニュースを一気読み

このエントリーをはてなブックマークに追加
9/16~9/23の重要ニュースまとめ-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
9月16日から9月23日までの1週間を振り返りたいと思います。この1週間も多くの仮想通貨ニュースが生まれました。忙しくてなかなか仮想通貨ニュースをチェックできない方も、この記事をご覧頂ければどんな出来事が起こっていたかを把握できるはずです。

OKEx Koreaが匿名性コインを上場廃止

16日、韓国の仮想通貨取引所OKEx Koreaは、全ての匿名性仮想通貨を上場廃止にする事を発表しました。理由として、政府間組織FATFの「トラベルルール」規定を指摘しています。OKEx Koreaで上場廃止になる主な仮想通貨には、モネロ(XMR)、ジーキャッシュ(ZEC)、ダッシュ(DASH)が含まれます。

MyCryptoHeroesSが発表

16日、東京で行われたTokyoBlockchainGameカンファレンスにて、「My Crypto Heroes(マイクリ)」を開発・運営するdouble jump.tokyo株式会社は、新作ブロックチェーンゲーム「My Crypto Heroes S」がリリース予定であることを発表しました。

GitHub開発ランキングが発表

WAVES(ウェーブス)、Ethereum(イーサリアム)、Cardano(カルダノ)がGitHub開発ランキングトップ3であることを、ブロックチェーン分析機関であるMetaBlockは発表しました。データは毎月1日に更新されています。

LINEグループのBITMAX取引所が開設

LINEのグループ会社であるLVCが本日9月17日(火)より、仮想通貨取引所「BITMAX」のサービス提供を開始しました。取り扱い通貨はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)の五種類です。

VanEckがBTCETFを取り下げ

9月17日付の文書によると、Cboe BZX ExchangeとVanEck / SolidXに提出されたビットコインETF(上場投資信託)「VanEck SolidX Bitcoin Trust」の規則変更案は9月13日に取り下げられました。

バイナンスUSがユーザー登録を開始

バイナンスUSは、サポート通貨にバイナンスコイン(BNB)を追加しました。また、アカウント登録と合計7種類のコインの入金の受け入れを開始しました。バイナンスUSは、ニューヨーク、ワシントン、テキサスを含む13州のユーザーは利用できません。

フランス、ドイツがリブラに反対する理由

フェイスブックの仮想通貨Libra(リブラ)に対して、ドイツに続いてフランス政府が不支持を表明した。消費者と欧州諸国の「通貨主権」にリスクをもたらすため、Libraをブロックすると述べている。

セレニティは2020年Q1に

イスラエルで開かれた会議「Ethereal Tel Aviv 2019」で、イーサリアム(ETH)の2人の共同創設者ヴィタリク・ブテリン氏とジョセフ・ルービン氏は、Ethereum 2.0への移行計画について語った。

「実際に作業しているさまざまなチームがあり、そのうち7つはプロトコル・バージョンと同期しました。そのため、2020年第1四半期にリリースされることを望んでいます...システムを効果的に完成させるフェーズ1とフェーズ2は、同時にリリースされる可能性が高い。」

バイナンスがBEAMを上場

仮想通貨取引所バイナンスは、MimbleWimble(ミンブルウィンブル)実装の匿名性通貨ビーム(BEAM)のサポートを発表しました。既にBEAMのデポジットを開始しました。

BEAM / BNB(バイナンスコイン)、BEAM / BTC(ビットコイン)、BEAM / USDT(テザー)の3つの取引ペアは、2019年9月20 日、12:00 PM(UTC)に開始されます。

バイナンスによると、BEAMの上場手数料は無料です。

CMEがビットコインオプション契約を

米国デリバティブ市場CME Group(シカゴ・マーカンタイル取引所)は、来年の第1四半期からビットコイン(BTC)のオプション契約を提供する事を発表しました。ビットコインオプションは現在、規制当局の承認待ちです。

Bakktがビットコイン先物の取引を開始

23日、Bakktの現物受け渡しの1か月ビットコイン先物の取引が開始された。

インターコンチネンタル・エクスチェンジ(ICE)のジェフリー・シュプレーチャーCEOは、Bakktについて「好奇心の洪水を経験している」と述べた。20日にフォーチュンが伝えた。

Bakktローンチに伴う価格動向

仮想通貨デリバティブ取引プラットフォームPrimeXBTは、Bakktローンチ前後のトレード機会を提案している。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る