COIN TOKYO

  • 2019/09/24
  • 2019/09/24
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

証券取引所シュトゥットガルト、ドイツで最初の規制された仮想通貨取引所BSDEXを開設

このエントリーをはてなブックマークに追加
証券取引所シュトゥットガルト、ドイツで最初の規制された仮想通貨取引所BSDEXを開設-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
9月23日、ドイツ第2位の証券取引所であるBoerse Stuttgart(ボルセ・シュトゥットガルト)は、仮想通貨取引所BSDEXを開設しました。BSDEXは最初にビットコインとユーロの取引市場のみを提供します。当初、BSDEXは選択されたクライアントのみがアクセス可能です。徐々に個人投資家にも開かれ、将来的に機関投資家も取引可能になります。

ドイツで最初の規制された仮想通貨取引所BSDEX

BSDEXは、ドイツで最初の規制されたデジタル資産の取引所です。Coindeskによると、BSDEXはイーサリアム、ライトコイン、XRPとユーロの取引ペアを今年中に追加する予定で、2020年にトークン化された資産を追加する計画です。

BSDEXの運営は、シュトゥットガルト証券取引所の子会社Boerse Stuttgart Digital Exchange GmbHが担います。同社のCTO、Peter Grosskopf氏は以下のように述べています;

「仮想通貨により10億ドルの市場が出現しました。ブロックチェーンに基づいてさらなるデジタル資産が確立されます。このため欧州有数の取引センターを構築したいと思います。個人投資家および機関投資家は、BSDEXを介してデジタル資産に直接アクセスできるため、柔軟かつ比較的低コストで取引できます。ブロックチェーンは金融業界を持続的に変化させます。」

プレスリリースによると、投資家はブローカーを介さずに取引プラットフォームに直接接続します。取引は「ほぼ24時間、週7日」行われます。最初に成行注文と指値注文を設定でき、今後さらなる注文オプションが追加されます。

ユーザーはBSDEXの取引口座を開設して、ワンストップでサービスを利用できます。BSDEXで顧客が取得したデジタル資産の保管は、Boeurse Stuttgart Digital Ventures GmbHの子会社blocknox GmbHが担います。提携先のSolarisBankが支払いを処理し、ユーロを保管します。

シュトゥットガルト証券取引所は、完全に規制された取引市場の点でドイツの先駆者です。取引所は今年、ビットコインなどの仮想通貨が取引可能なモバイルアプリ「BISON(バイソン)」をリリースしました。BSDEXプロジェクトはシュトゥットガルト証券取引所のブロックチェーン戦略の最新のステップとなります。同社は長期的に、トークン化された資産の取引プラットフォームを構築する計画です。シュトゥットガルト証券取引所のCEOであるAlexander Höptner氏は以下のように述べています;

「BSDEXの立ち上げは、デジタル化戦略におけるもう1つの重要なステップです。プラットフォームの設立に多大な労力を費やしました。BSDEXにより、シュトゥットガルト証券取引所はトークンエコノミーのマーケットリーダーになることができます。」

立法レベルでもドイツでは進展が見られます。9月18日、ドイツ政府はブロックチェーン技術戦略を閣議決定し、トークン化された証券の活用に向けた計画を示しました;

「ブロックチェーン技術により、有形および無形商品のすべての想像可能な価値、権利、義務をトークンで表すことができ、その取引と互換性を潜在的に簡素化できます。」


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード