COIN TOKYO

¥1,072,376
BTC -0.31%
¥28,459
ETH -0.02%
¥30.49
XRP +0.87%
¥32,126
BCH -0.29%
  • 2019/09/26
  • 2019/09/26
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

「SWIFTの送金サービスは10兆ドルの流動性問題を解決しない」-Rippleディレクター

このエントリーをはてなブックマークに追加
「SWIFTの送金サービスは10兆ドルの流動性問題を解決しない」-Rippleディレクター-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
Ripple社の東南アジア・MENAマネージングディレクターのNavin Gupta氏は、SWIFTが主催する金融サービス会議「Sibos2019」で講演した。25日にメディアGTRが伝えた。

10兆ドルの流動性問題

近年、SWIFTはリアルタイムの支払いを市場にもたらす取り組みを進めている。それを踏まえて、ブロックチェーンベースのペイメント・プロバイダーRippleができる価値提案について、Gupta氏は以下のように述べた。

「人々は、既存のコルレス銀行ネットワークを高速化することを検討していますが、事前資金口座の必要性を奪おうとする人はいない。それこそがRippleが今日議論している基本的な価値提案です。」

1973年設立のSWIFTは、銀行間の金融取引に関するメッセージの送受信を運用する企業です。同社は現在、200か国11,000以上の金融機関にメッセージングサービスを提供しています。銀行メンバーはSWIFTを使用して支払い注文を行うことができますが、実際の資金移動は、銀行がコルレス銀行に保有する事前資金のノストロ口座から行われます。

SWIFT24時間以内の支払いを保証するグローバルペイメントイノベーション(gpi)サービスをリリースしたり、国内の支払いネットワークを介してリアルタイムの支払いを開始したりすることで、サービスの革新を試みました。

しかし、Gupta氏はこのような速度の改善はコルレス銀行システムの根本を変えるものではないと主張しました。つまり、銀行はノストロ口座に資本を保持する必要があるということです。彼はこれを「流動性問題」と呼び、現在のイニシアチブが即座に支払いを行っているという理由だけでこれが対処されるのは「誤解」だと付け加えた;

「私たちの推測では、世界中の事前資金口座に約5〜10兆ドルが滞っている。これは各銀行が支払いを行うために受益機関に預けなければならない資金です。この5〜10兆ドルを再配置する場合、どのような効果があると想像できるだろうか。中央銀行とこの話をすると、好まれます。」

Gupta氏は、Sibosの「イノベーションシアター」でRippleの国境を越えた支払いソリューションxRapidを紹介した。

昨年10月に商用化されたxRapidは、暗号資産XRPを使用して、銀行が外国でオンデマンドの流動性を調達できるようにします。これは、銀行にとってコルレス銀行とノストロ口座を不要にします。

具体的には、xRapidは暗号資産XRPをフィアット通貨間の「ブリッジ」として使用します。例えば、米国のは取引所を介してドルをXRPに転送し、XRPをメキシコなどの取引所に送信します。一方、XRPはペソに変換されます。プロセスは開始から終了まで数分で完了する様に設計されています。また、資金がXRPに変換されている時間はわずか数秒に制限されています。通常、同様の送金には数日かかり、高い外国為替手数料が発生します。

Rippleが今年Sibosに存在するという事実は、RippleとSWIFTの関係が暖まっていることを示している可能性があります。Sibosに参加したきっかけは何か?というGTRの質問に対し、Gupta氏は「それは今日のテーマではありません。」と返答を拒否しました。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る