COIN TOKYO

  • 2019/09/30
  • 2019/09/30
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

バイナンスがトロン(TRX)ネットワークで最大のスーパーノードに

このエントリーをはてなブックマークに追加
バイナンスがトロン(TRX)ネットワークで最大のスーパーノードに-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
仮想通貨取引所バイナンスは、トロン(TRX)ネットワークの「スーパー代表者(SR)」としての存在感を増しています。27個(団体)のスーパーノード・ランキングの首位に選出されました。

トロン(TRX)ネットワークで最大のスーパーノード

TRONネットワークは、コンセンサスアルゴリズムとして委任されたプルーフオブステーク(DPoS)を採用しています。このモデルは限られた数の「スーパーノード」がトランザクションを処理し、ネットワークルールを承認します。ビットコインのようなプルーフオブワーク(PoW)方式を採用する仮想通貨よりも構造的にスケーラビリティを強化します。しかし、責任が比較的少数の事業体の手に委ねられるため、分散化を犠牲にしているとみなされています。

これを補うために、トロンやイオスのようなDPoSネットワークは、スーパーノード選挙を実施します。候補者を立て、ユーザーがトークンを「ステーク」して、どの候補ノードがネットワーク上のトランザクションを処理するか、トークンを使って投票します。

プロトコルはどのノードが処理するかをランダムに選択します。理論上はこうした措置は、悪意のあるノードオペレータがネットワークを攻撃することを防止します。ノードオペレータは処理するブロックを認識できず、ユーザーは適切に行動しないアクターへの投票を拒否できます。

批評家はこれらの措置があっても、ノード運営者が共謀する可能性を否定できないと主張します。

Binance TRONスーパー代表ランキングTRX SR
Binance TRONスーパー代表ランキングTRX SR

TronScanによると、バイナンス・ノードに120億TRXが投票されています。2位のSesameSeedは5億6,600万票で、バイナンスは全投票数の約60%を獲得しています。

12億TRXがどこから来たのかは不明です。コミュニティは、バイナンスが取引所で保有するユーザーのTRXを使用して投票し、報酬を獲得した可能性が指摘しています。先週、バイナンスはステーキングプラットフォームをローンチしました。なお、トロン(TRX)は8種類のサポート通貨に含まれていません。Redditであるユーザーは以下の様に述べています;

「バイナンスのユーザーは、TRXを保有するだけで自動的に報酬を獲得できるようになるかもしれない。私はむしろ人々がコインを取引所から個人のウォレットに移し、SesameSeedのようにブロックチェーンに真の価値をもたらすSRを選択したいと思います。しかし、これはすべてのTRX投資家がエコシステムに参加する別の方法だと思います。」

9月21日、トロン(TRX)の創設者ジャスティン・サン氏は、「Staking Partners Incentiveプログラム」について発表しました。これはトロンネットワークへの参加者拡大のため、ステーキング報酬をより魅力的にする試みです。

関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!