COIN TOKYO

  • 2019/10/02
  • 2019/10/02
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

Visa、Mastercard等数社がフェイスブックLiibraへの関与を再検討か

このエントリーをはてなブックマークに追加
Visa、Mastercard等数社がフェイスブックLiibraへの関与を再検討か-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
Libraの支払いネットワークの構築と維持を支援するLibra Associationに名を連ねたVisa、Mastercardおよびその他の主要な金融パートナーは、その関与を再検討しているという。火曜日にウォールストリートジャーナルが報じた。

フェイスブックLiibraへの関与を再検討

問題に精通した人々によると、Libraの支援者の一部の幹部は、プロジェクトを正式にサポートしてほしいというフェイスブックの要求を拒否した。彼らは主に米国・欧州政府当局の反発を懸念している。

この問題に詳しい人々によると、米国の規制当局はLibraの支援者に直接アプローチしています。財務省は、Visa、Mastercard、PayPal、Stripeなどの企業に、マネーロンダリングの順守規定に、Libraがどのように適合するかを聞くレターを送ったという。

彼らの離脱可能性は、Libraを軌道に乗せようとするフェイスブックの努力を脅かす可能性がある。Libraを世界の小売業者に送金して支払い方法として受け入れるために、金融パートナーは重要な役割を担います。

最近、ブルームバーグは、PayPalとStripeもLibraへの正式な署名について未定だと報告しました。7月にVisaのアルフレッド・F・ケリーCEOは、まだどの企業もLibraプロジェクトに正式に参加していないと述べていました。

28社で構成されるLibra Associationメンバーの各政策幹部は、木曜日にワシントンD.C.で開かれる会議に召集されています。10月14日には、企業の代表者がジュネーブで会合し、Libra Associationの憲章を検討し、取締役会を任命する予定です。

フェイスブックは、2019年6月に、Libra Associationのメンバーと協力して、デジタル通貨Libraを2020年に発行する計画を発表しました。しかし、フランスとドイツ政府がLibraの欧州での運用を阻止する声明を発表するなど、世界中で政治的批判に晒されています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!