大手マイナーF2Pool、仮想通貨マイナーが「マイニングマシンを停止させる目安」を公開

最近のビットコイン(BTC)下落相場の中で、主要なビットコイン採掘プールF2Poolの創設者Mao Shixing氏は、「シャットダウン価格」のリストを公開しました。収益性を失ったマイニングマシンを停止させる目安となる。9月29日に8BTCが伝えた。

目次

3600ドル台で収益を上げる最新マシン

電力コスト0.35元/kWh、1元()=0.14ドル 電費占比、前回難易度、次回難易度

Mao氏によると、現在の採掘難易度で、WhatsminerのM3やAvalon A741を含む古いマシンはすでにシャットダウン価格に達している。Ebit E9 +、Antminer T9 +、Avalon A821、Antminer S9は、以前は最も効率的なマイナーでしたが、ビットコイン価格が7,500ドルに下がる場合、シャットダウン価格に至ります。最も電力効率の良いMicroBT Whatsminer M10は3627ドルまで耐えられる。

これらの計算には、人件費、採掘プールのフィー、およびメンテナンス費用は含まれていないため、実際の損益分岐点はさらに高くなるだろう。一説には、雨季を終えたマイナーは中国四川省からモンゴルに移動するという。内モンゴル新疆ウイグル自治区は、電気代が0.35元(0.052ドル)/ kWh前後(2019年4月)と伝えられている。イランやアイスランド、ベネズエラの電力費はさらに安い。

F2Poolによるシャットダウン価格の提示は、昨年11月中旬からビットコインの価格が6,000ドルから3,000ドルに下がった状況を思い起こさせます。当時、雨季の終わりの時期に大量のマシンが収益性を失い、スクラップ同然で売却されました。その結果、ビットコインのハッシュレートは、2018年の最後の2か月で60EH/Sから、ほぼ半減しました。

ソース:blockchain.com

最近のビットコイン価格の急落は、ビットコインのハッシュレートに影響を与えていないようです。ハッシュレートは、多くの人がマシンのアップグレードの影響と推測した一時的な低下の後、すぐに反発して高水準を維持しています。これは、マイナーがビットコイン価格の上昇に自信を持っていることを示します。

採掘難易度は9月27日に7.31%増加して12.76 Tに達しました。4日時点、11日にはさらに2.53%増加すると推測されています。

過去数か月のハッシュレートの急増は、ネットワーク上で稼働している採掘マシンの増加を示しています。Token Insightが発行した「2019年Q2マイニング産業レポート」によると、年末までにさらに大量のマシンが出荷される見込みです。その結果、年末までにビットコインの採掘難易度は約38%増加して17.14Tに達し、ハッシュレートは48%増加して少なくとも109 EH/Sまで上昇すると推測されています。

関連記事



目次