COIN TOKYO

¥904,840
BTC -0.26%
¥20,087
ETH -0.32%
¥31.75
XRP -0.81%
¥24,475
BCH -0.21%
  • 2019/10/08
  • 2019/10/08
  • コイン東京編集部 ritz

BitfinexとTetherに市場操作で集団訴訟、1.4兆ドル以上の損害賠償を請求

このエントリーをはてなブックマークに追加
BitfinexとTetherに市場操作で集団訴訟、1.4兆ドル以上の損害賠償を請求-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
BitfinexとTetherを含む系列企業に対して集団訴訟が提訴されました。ニューヨーク州南部地区連邦地方裁判所によると、原告側は被告が暗号市場を操作し、トレーダーに損害を与え、不当に利益を得たと主張して1.4兆ドル以上の損害賠償を求めています。10月6日にCourtListenerが公開した。

1.4兆ドル以上の損害賠償を請求

訴状は、BitfinexとTetherが「USDTが米ドルで1対1で裏付けられると誤った情報を共有した」と主張し、4月にニューヨーク司法長官事務所が起こした申し立てに言及しています。2017年から2018年の強気市場に拍車をかけ、仮想通貨市場を膨張させるためにビットコインを購入するためにUSDTが使用されたと主張しています。

集団訴訟を求める原告は、損害総額が合計で1兆ドルを超えると主張している。

「現段階で損害を計算するのは時期尚早ですが、被告がもたらした危害の規模が前例のないことは疑いがない。推定上の訴訟に対する彼らの責任は、おそらく1.4兆米ドルを超えています。」

この訴訟は商品取引法および連邦RICO法の違反などを主張しています。原告は、「破壊的なイノベーションである仮想通貨を採用し、投資家を欺き、市場を操作し、不正な収益を隠すために高度なスキームを使用した」と主張している。

「Tether、Bitfinex、クリプトキャピタル、およびその役員が犯した犯罪には、銀行詐欺、マネーロンダリング、特定の違法行為に由来する金銭取引、無認可の送金事業の運営、およびワイアー詐欺が含まれます。」と文書は付け加えた。

カウントI、II、IIIは、商品取引法に違反する市場操作を指摘している。IVは、シャーマン法に基づいた独占禁止法違反を主張しており、「被告Tetherは、米国および世界のステーブルコイン市場の80%以上を支配している」と訴える。カウントVは連邦RICO法の違反を主張する。RICO法は組織犯罪に対処する刑法だ。VIは被告に対する詐欺を、カウントVIIはNY州の取引慣行法の違反を主張しています。VⅢは差止命令による救済を求めています。

Coindeskに対して、Bitfinex / TetherのスポークスパーソンJoe Morgan氏は、原告の主張は誤りだと述べた;

「Tetherとその関連会社は、テザー(USDT)トークンまたは発行を介して、仮想通貨市場またはトークンの価格を操作したことがありません。すべてのUSDTトークンは準備金によって完全に裏付けられており、暗号資産の価格設定を制御する目的ではなく、市場の需要に応じて発行されます。Tetherが仮想通貨エコシステム内での効率、流動性、および大規模な適用性のために違法な活動を示唆することはでたらめです。」

昨年6月に発表された研究で、テキサス大学の金融教授ジョン・グリフィン氏は、ビットコインが2万ドルに達した2017年の上昇の少なくとも半分は、テザー(USDT)を使った市場操作によるものと主張しました。「Bitfinex取引所が、価格下落時にテザーを使用してビットコインを購入した」と指摘した。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る