COIN TOKYO

¥906,833
BTC +0.08%
¥20,133
ETH -0.04%
¥32.00
XRP -0.20%
¥24,498
BCH -0.10%
  • 2019/10/08
  • 2019/10/08
  • コイン東京編集部 ritz

CME、Nasdaq等の取引所連合「WFE」、英規制当局に仮想通貨デリバティブ禁止案の取り下げを要求

このエントリーをはてなブックマークに追加
CME、Nasdaq等の取引所連合「WFE」、英規制当局に仮想通貨デリバティブ禁止案の取り下げを要求-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
7日、取引所の世界的な業界団体「世界取引所連合(WFE)」は、英国の金融規制当局に個人投資家向けの仮想通貨デリバティブ(先物、オプション、差金決済取引)を禁止しないよう求めた。WFEは、CME Group、Nasdaq、インターコンチネンタル・エクスチェンジ(ICE)を含む70以上の企業で構成される。

仮想通貨デリバティブ禁止案の取り下げを要求

WFEは英国の金融行為規制機構(FCA)に対し、革新的な製品を英国で取引できるようにし、完全に規制されたプロバイダーによる販売を保証する適切なバランスを整える必要があると主張した。WFEのNandini Sukumar CEOは以下のように述べています。

「FCAを含む当局に、市場が繁栄し、消費者に利益をもたらすことができる適切な規制コースを作成するよう求めます。我々はそれこそがバランスを取る行為と理解しています。」

7月にFCAは、仮想通貨デリバティブおよび取引所債券(ETN)の一般投資家への販売を禁止することを提案した。これらの製品は極端なボラティリティのため、一般消費者には不適切と指摘した。FCAは、個人投資家を保護する義務があると述べている。2018年初頭の仮想通貨市場の崩落で、英国の人々が暗号デリバティブを介して4億9200万ドルを失ったと推定した。

WFEは、FCAに特定されたボラティリティを認識する一方で、完全な禁止は良い動きではないと述べた。FCAの禁止提案の協議は10月3日に終了し、最終則規は2020年第1四半期にリリースされる予定だ。

WFEのメンバーには、ドイツ証券取引所、ロンドン証券取引所、オーストラリア証券取引所、SIXスイス取引所、香港証券取引所などが含まれる。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る