COIN TOKYO

¥906,522
BTC +0.08%
¥20,137
ETH -0.01%
¥31.96
XRP -0.22%
¥24,494
BCH -0.11%
  • 2019/10/08
  • 2019/10/08
  • コイン東京編集部 ritz

英金融規制局FCA、仮想通貨と取引所関連の詐欺被害状況を報告

このエントリーをはてなブックマークに追加
英金融規制局FCA、仮想通貨と取引所関連の詐欺被害状況を報告-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
英国の金融行為規制機構(FCA)は、仮想通貨と取引所関連の詐欺で英国消費者が少なくとも2700万ポンド(35億6200万円)を失ったと推定している。過去1年間で74%急増しました。7日にFinancial Timesが報じた。

FCAに87件の調査・問い合わせ

最近のデータによると、FCAは現在、暗号会社に関する87件の調査を進めている。昨年は50件だった。この数字には、初期の精査段階と本格的な執行調査が含まれる。

FCAからデータを収集した法律事務所Pinsent Masonsのパートナー、David Heffron氏は、「調査の増加は仮想通貨市場で法律を施行するFCAのより実践的かつ有意義なアプローチを反映している」と述べた。

「合法的に行動する仮想通貨ビジネスにとって、この統計は励みになります。彼らはバッドアクターを排除したいと思っています。」

資産をほとんど必要としないため、詐欺師は仮想通貨ビジネスを簡単にスタートできる。詐欺の手口には、ソーシャルメディア、有名人による支持の偽装等が含まれる。詐欺師は被害者を本物さながらのWebサイトに誘導し、より多くの利益を得られると約束し、高額投資を奨励します。最終的に出金機能は停止し、顧客アカウントが閉鎖され、詐欺師との連絡経路は途絶える等の被害が出ている。

過去のFCAの調査によると、仮想通貨のユーザーは、20〜44歳の中間層から上流階層の男性の割合が最も高いとされています。

現在、暗号通貨の譲渡・売買は英国で規制されていないので、何か問題が起きても消費者は英国の金融サービス補償制度に保護されない場合があります。

ただし、仮想通貨企業はその活動に応じて、FCAライセンスが必要になる場合があります。FCAは、仮想通貨や関連製品を一般に公開する企業に厳しい規則を義務付けています。

FCAは今年7月に、個人投資家向けの仮想通貨デリバティブを禁止する計画を発表しました。これらの製品は極端なボラティリティのため、一般消費者には不適切と指摘した。FCAは2018年初頭の仮想通貨市場の崩落で、英国の人々が暗号デリバティブを介して4億9200万ドルを失ったと推定した。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る