COIN TOKYO

¥906,833
BTC +0.08%
¥20,133
ETH -0.04%
¥32.00
XRP -0.20%
¥24,498
BCH -0.10%
  • 2019/10/09
  • 2019/10/09
  • コイン東京編集部 ritz

テザー(Tether)問題で揺れるBitfinex、ニューヨーク司法長官による文書作成要請を拒否

このエントリーをはてなブックマークに追加
テザー(Tether)問題で揺れるBitfinex、ニューヨーク司法長官による文書作成要請を拒否 -仮想通貨ニュースサイト コイン東京
8日、Bitfinex側はニューヨーク州最高裁判所のジョエル・コーエン判事宛てにレターを提出した。10月1日にニューヨーク司法長官事務所(NYOAG)に提出された「追加捜査と差し止め命令の拡張(Further Discovery and Injunction Extension)」要求に対応したものである。

文書作成要請を拒否

10月1日に、NYOAGは、BitfinexとTether間の9億ドルの融資を説明する文書の期限内の提出を求める文書を提出した。また、TetherによるBitfinexへのさらなる貸付を停止すべきと主張しました。

8月にコーエン判事は、テザーとその関連会社が経営陣と株主を共有する取引所Bitfinexへの9億ドルの融資に関する文書を作成しなければならないと判断しました。しかしBitfinexはすぐに上訴し、9月24日付の裁判所命令で最高裁判所の控訴室は、コーエンによる先の判決を停止させました。これにより、文書作成要件に対する一時的な留保を獲得しました。

9月24日付の文書によると、控訴は、2019年11月4日までに広範な棄却申し立てに関する追加文書をBitfinexが提出することを条件に許可されている。訴訟が継続する場合、2020年以降に実際の議論が再開される。

Bitfinex提出レター

10月8日付のレターでBitfinex、Tether、およびその他の関連会社の弁護士は、NYOAGの最近の「要請を拒否する」と述べた。弁護士は、NYOAGがその指示に関するいかなる権限も有していないと主張しています。文書を収集する場合、「無意味に」かなりの費用が必要になると付け加えました。

「(文書提出の)遅延に関するNYOAGの申し立ては、あらゆる誤解を招き、被告の動機とその弁護士を不当に攻撃している。...OAGは徹底的または一貫した調査を実施できないと不満を述べているが、彼らはすでにニューヨークに結び付く顧客に関連する資料を作成した。」

NYOAGは、2019年5月から7月に70,000ページ以上の文書を公開していた。

9月のフォーブスによると、事件に精通した人物は最高裁判所の控訴室の決定を「部分的な勝利」と表現した。検事総長室のスポークスマンは、部分的な留保は企業が問題の書類を引き渡す必要がないことを意味すると認めていた。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る