COIN TOKYO

¥906,833
BTC +0.08%
¥20,133
ETH -0.04%
¥32.00
XRP -0.20%
¥24,498
BCH -0.10%
  • 2019/10/09
  • 2019/10/09
  • コイン東京編集部 ritz

バイナンス、中国人民元と仮想通貨のP2P取引をスタート

このエントリーをはてなブックマークに追加
バイナンス、中国人民元のP2P取引をスタート -仮想通貨ニュースサイト コイン東京
仮想通貨取引所Binanceは、ピアツーピアの取引サービスをスタートしました。最初にビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、テザー(USDT)とCNY(中国人民元)との取引がサポートされます。

BinanceがCNY(中国人民元)のP2P取引を開始

P2P取引は、登録後30日以上経過したBinanceアカウントが、Android(バージョン:1.12.1)端末を介して利用できる。Binanceは今後、このサービスをiOSおよびWebインターフェイスに適時展開する。Binanceのジャオ・チャンポンCEOは以下のように述べています;

「中国を皮切りに、P2Pトレーディングをローンチします。ほとんどの顧客はまだ使用できませんが、14億人が使用できます。近日中に他の地域にもサービスを拡大します。」

中国では、2017年9月に金融リスクと頻繁な詐欺のためにICOが禁止されて以来、国土内の仮想通貨の様々なビジネスサイドを段階的に制限してきた。しかし現在、中国国民が仮想通貨の、取引、ICO / IEOに深く関わっていることは周知の事実です。

HuobiやOKEx等の仮想通貨取引所は中国外へ移り、仮想通貨同士の取引で中国トレーダーにサービスを提供し続けている。相対取引(OTC)産業は、人民元からビットコイン(BTC)やテザー(USDT)への取引を仲介する実質的なゲートウェイだ。

OKExは2017年にカスタマーツーカスタマー(C2C)市場を開設した。これは、フィアット対応の顧客間の相対取引(OTC)をサポートする。OKExのC2C市場は、今年2月時点で中国人民元(CNY)の他に、英国ポンド(GBP)、ベトナムドン(VND)、ロシアルーブル(RUB)、タイバーツ(THB)をサポートしていました。

今年4月のビットコイン(BTC)の急騰後、HuobiやOKExで、ステーブルコイン「テザー(USDT)」と人民元(CNY)の相対取引(OTC)市場で、4%のプレミアム(価格乖離)が発生した。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る