COIN TOKYO

¥906,833
BTC +0.08%
¥20,133
ETH -0.04%
¥32.00
XRP -0.20%
¥24,498
BCH -0.10%
  • 2019/10/11
  • 2019/10/11
  • コイン東京編集部 ritz

【Bitfinex係争】最高裁判所が司法長官室の要求を退ける=9億ドルの融資を巡る文書作成要求で

このエントリーをはてなブックマークに追加
【Bitfinex係争】最高裁判所がニューヨーク州司法長官室の要求を拒否=9億ドルの融資を巡る文書作成要求で -仮想通貨ニュースサイト コイン東京
10日、ニューヨーク州の最高裁判所は、BitfinexとTetherに対するニューヨーク司法長官室(NYOAG)の要求を拒否しました。

ニューヨーク司法長官室の要求を拒否

10月1日にNYOAGは、BitfinexとTether間の9億ドルの融資を説明する文書の期限内の提出を求める文書を提出した。また、2者間の追加融資に対する、「差し止め命令の拡張(Further Discovery and Injunction Extension)」を要求していた。8日にBitfinex側は、今週初めにニューヨーク州最高裁判所のジョエル・コーエン判事宛のレターで、この要求を拒みました。

10日に、裁判官はBitfinexに有利な判決を下し、次のように書いた。

「すべての文書と情報を検索して収集するように被申立人に命令するOAGの要求は、§354オーダー0第一部の保留中の命令と矛盾しているとして拒否されます。§354オーダーは、審問と控訴の決定を保留しています。」

ただし、2番目の要求であるTether-Bitfinex間の、「資金貸出の差し止め命令の期間延長」は認められた。Bitfinex側はこの要求に反対していなかった。裁判官は以下のように書いた;

「上訴の審理と決定を待って差し止め命令が延長されている。OAGが上訴に成功した場合、さらに90日間が追加される。」

4月にNYOAGは、Bitfinexが支払い業者Crypto Capitalの8億5,000万ドルの損失を補償したと指摘した後、暫定差止命令を申請した。当時、NYOAGは、BitfinexがTetherの準備金から最大7億ドルを借りたと主張した。信用枠により、取引所はさらに2億ドルを借りることができたが、5月に最高裁が課した差止命令により、それ以上の融資は凍結されました。

8月にコーエン判事は、テザーとその関連会社が経営陣と株主を共有する取引所Bitfinexへの9億ドルの融資に関する文書を作成しなければならないと判断した。しかしBitfinexはすぐに上訴し、9月24日付の裁判所命令で最高裁判所の控訴室は、コーエンによる先の判決を停止させた。Bitfinexは文書作成要件に対する一時的な留保を獲得した。

9月24日付の文書によると、控訴は、2019年11月4日までに広範な棄却申し立てに関する追加文書をBitfinexが完成させることを条件に許可されている。2020年以降に実際の議論が再開される。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る