COIN TOKYO

¥905,262
BTC -0.17%
¥20,093
ETH -0.24%
¥31.81
XRP -0.34%
¥24,489
BCH -0.11%
  • 2019/10/11
  • 2019/10/11
  • コイン東京編集部 ritz

バイナンスの人民元(CNY)決済導入の動きを中国アリペイが直接牽制

このエントリーをはてなブックマークに追加
中国Alipay(アリペイ)、Binanceの人民元(CNY)決済導入の動きを直接牽制
中国の決済サービス「Alipay(アリペイ)」は、取引がビットコインや暗号資産に関連していると判断された場合、「支払いサービスを即座に停止する」と警告した。今週Binanceは、中国ユーザー向けにP2P取引サービスをスタートして、決済手段としてAlipayとWeChat(ウィチャット)を加えていた。

Alipay、Binanceの決済導入を直接牽制

最近、採用を広め、中国の消費者からより多くの資金を取り入れるため、Binanceは10億人を超えるユーザーを抱えるテンセント社のメッセージングアプリWeChat、および支払いプラットフォームAlipayを介した、中国人民元(CNY)決済機能を追加しました。9日にBinanceのジャオ・チャンポンCEO がツイッターで認めた。

Alipayはこの動きに対応し、「取引ができない」事を明確にした。彼らは、ビットコイン取引にAlipayが使用された「いくつかのレポート」を受け取ったと述べた。

「繰り返しになりますが、Alipayは店頭取引(OTC)を注意深く監視して、不規則な行動を特定し、関連する規制へのコンプライアンスを確保しています。」

アリペイは中国政府からの圧力を感じているかもしれない。プリミティブベンチャーズの創設パートナー、Dovey Wan氏によると、ビットコインの取引に対して地元警察が「さまざまな措置」を講じているため、中国のOTC市場は減速しているという。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る