COIN TOKYO

¥904,444
BTC -0.31%
¥20,081
ETH -0.39%
¥31.75
XRP -0.96%
¥24,467
BCH -0.26%
  • 2019/10/13
  • 2019/10/13
  • コイン東京編集部 ritz

イオス(EOS)でドイツ銀行債のトークン化、分散型デリバティブdBondが成功

このエントリーをはてなブックマークに追加
イオス(EOS(でドイツ銀行債のトークン化、分散型デリバティブdBondが成功 -仮想通貨ニュースサイト コイン東京
分散型デリバティブのdBondsは最近、イオス(EOS)メインネット上でドイツ銀行の債券をトークン化することに成功しました。

暗号化された担保付き債権でステーブルコインを発行

これは、英国を拠点とする認可されたカストディアンであるクイーンストリートファイナンス(qsfdbemitent)と、EOS上で発行されているステーブルコインDUSDのスマートコントラクトを通じて実現しました。Deutsche Bank AGのUSD建てブロックチェーン債権DBAAAAAは、満期まで保管されます。

イオス(EOS)、ドイツ銀行債券のトークン化

デジタル債券DBAAAAAは、unitedbridgeアカウントのリクエストでdbondsaccのスマートコントラクトによって発行されました。DBAAAAAは、deposbankのステーブルコインDUSD建てで処理されます。

DBAAAAAは、deposbank内でロックされ、unitedbridgeアカウントを所有するために、新しいDUSDが発行された。

EOSブロックチェーン上のオープンソースプロトコルdBondsは、債券のトークン化プロセスについて定義している。スマートコントラクトを介して全ての工程が処理され、仲介者やガバナンスのリスクを排除します。

トークンメタデータを使用すると、このトークン下にどのようなフィアット債があり、それが実際にカストディアン内にロックされていることを確認できる。

dBondsは、債券をEOSエコシステムに導入し、トークン化された債券を含むオンチェーン資産によって完全に担保されたステーブルコインで、透明な分散銀行を構築する事を目指しています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る