COIN TOKYO

¥902,013
BTC -0.03%
¥19,574
ETH +0.08%
¥27.88
XRP +0.03%
¥27,227
BCH -0.43%
  • 2019/10/14
  • 2019/10/14
  • コイン東京編集部 ritz

Ethereum 2.0と1.0が共存し、2つのETHトークンが異なる価格を付ける可能性

このエントリーをはてなブックマークに追加
Ethereum 2.0と1.0が共存し、2つのETHトークンが異なる価格を付ける可能性 +仮想通貨ニュースサイト コイン東京
Ethereum 2.0が起動すると、チェーンが分離され、しばらくの間、2つの異なるETHが取引される可能性がある。所謂ETH 1.0とETH 2.0は、一時的に別々のトークンとして存在し、仮想通貨取引所で同時に取引される可能性が高いようだ。

Ethereum 2.0と1.0が共存

Ethereum 2.0が正式にリリースされると、主要なイーサリアム・プラットフォームは、ETH 1.0とETH 2.0が共存する。Grubles(@notgrubles)は、ETH 2.0の起動後もETH 1.0は間違いなく取引されると見立てている。これは、ETH 1.0、ETH 2.0、それぞれ異なる価格で別々に取引されることを意味します。

「イーサリアム・クラシック(ETC)でこれを聞いたことがあります。ETH 2チェーンで起こりそうなのは、取引所がETHとは別個のトークンをリストおよびラベル付けすることです。その後、異なる価格の2つのトークンが存在する。」

イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、ETH 1.0チェーンが「技術的に継続するが、価値がないため(いずれ)消滅する」と主張しています。しかし開始時のネットワーク(フェーズ0)が全てをサポートする訳ではないため、当初ETH 2.0は実質価値をもたない。ETH 1.0トークンとETH 2.0トークンの市場価格に混乱が発生する可能性があります。

Grublesは、フェーズ0が最初は役に立たないため、「ETH2は比較的長い間ETH1よりも低く評価される」と主張している。

Ethereum 2.0の大まかなスケジュールは3つの主要な段階で計画されている:フェーズ0:ビーコンチェーン、フェーズ1:シャードチェーン、フェーズ2:実行レイヤー。最初のフェーズの推定タイムラインは、2020年の第1四半期となる。

Ethereum 2.0が完了すると、ネットワークは商業レベルで実行可能になり、世界に利益をもたらすアプリケーションを作成する基盤となるだろう。

現在イーサリアムは、今後数か月以内に稼働予定のアップグレード「イスタンブール」に向けて準備を進めている。その後に「セレニティ(別名Ethereum 2.0)」アップグレードを迎える。セレニティで、イーサリアムはプルーフオブワーク(PoW)からプルーフオブステーク(PoS)にアップグレードします。

最近、イスタンブールのハードフォークは、テストネットKovanで正常にアクティブ化された。ブロック生成時間は4秒に短縮され、ガス・リミットは10mmに引き上げられた。これらの処置は、ネットワークの混雑問題の解決に役立つ。

イスタンブールのアップグレードプログラムは、10月初旬に公開予定だったが、イーサリアム・クライアントの1つParityの実装調整により、1か月遅れている。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る