COIN TOKYO

  • 2019/10/16
  • 2019/10/30
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

Wilshire Phoenix、米SECにETF申請案を再提出=ビットコインと米国短期国債の混合型

このエントリーをはてなブックマークに追加
Wilshire Phoenix、米SECにETF申請案を再提出=ビットコインと米国短期国債の混合型 +仮想通貨ニュースサイト コイン東京
15日、米証券取引委員会(SEC)は、Wilshire Phoenix(ウィルシャーフェニックス)が申請したビットコインと国債で構成されるETF(上場投資信託)について、パブリックコメントを再度募集した。

ビットコインと米国短期国債の混合

投資管理会社Wilshire PhoenixとNYSEアルカは、10月4日に規則変更案を再提出した。これは、6月にSECに提出され、審査段階に入っていた両社のオリジナルのETF「United States Bitcoin and Treasury Investment Trust」申請案を完全に置き換えるものだ。

Wilshire PhoenixとNYSEアルカのビットコインETFは、ビットコインと米国短期国債に投資する。信託が保有するビットコインのカストディアンとしてCoinbase Custodyが機能する。オリジナルの出願にはない追加事項として、Coinbaseが信託の毎月のリバランスと、保有するビットコイン量の証明書を5営業日以内に提供する。

また、CMEとインターコンチネンタル・エクスチェンジ(ICE)が、米国でビットコイン先物商品を提供していることにも注目している。Cboeは、今年初めに先物商品を販売停止した。

この変更案は、仮想通貨市場の潜在的な価格操作に関するSECの懸念に対応している;

「Wilshire Phoenixは、市場が本質的に不正操作に耐性があるかとの委員会の分析に関連して、委員会が市場全体ではなく、特定のETPに有意な影響を与える市場の重要なサブセットにフォーカスしていることに留意します。」

「たとえば、金は多くの異なる市場セグメントで取引されているが、地金に投資するETPの上場申請を承認する命令はスポットおよび先物市場にフォーカスしました。スポット市場は特定のETPの純資産価値を決定する際に参照する市場であるため、スポット市場にフォーカスするのは適切です。」

SECは、連邦官報で公開されてから21日間、パブリックコメントを受け付ける。承認審査の判断期限は45日後に設定されるが、SECは最大240日延長できる。

9日に米国証券取引委員会(SEC)は、BitwiseによるビットコインETF(上場投資信託)の申請を否決していた。SECは、市場操作やその他の不当行為を抑制する法的要件を満たしていないと指摘した。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード