COIN TOKYO

¥903,472
BTC +0.34%
¥19,579
ETH +0.38%
¥27.92
XRP +0.25%
¥27,349
BCH +0.25%
  • 2019/10/16
  • 2019/10/29
  • コイン東京編集部 KAZE

ビットコイン(BTC)は弱気相場目線で値動き中!ビットコインの今後を価格チャートから分析【2019/10/16】

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコインの今後を価格チャートから分析【2019/10/16】-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
10月11日に95万円台まで上昇し、9月末移行の最高値を更新する形となったビットコイン(BTC)ですが、その後上値は徐々に切り下げる展開を続けています。上値を切り下げる中で下降トレンドのサインも出現させたビットコイン(BTC)は現在弱気相場目線での値動きを見せています。今後ビットコイン(BTC)は更に下値を落とす形となるのでしょうか?チャートを確認していきます。

中期移動平均線をレジスタンスラインとし、短期移動平均線を下に割ったビットコイン(BTC)

ビットコイン(BTC)の対JPY4時間足価格チャート

(TraidingViewのBTC/JPY 4時間足チャート)

BTC/JPYの4時間足チャートを分析していきます。10月11日に95万円台近辺まで上昇チャートを形成したビットコイン(BTC)でしたが、その後上値を切り下げる展開を見せます。

上値を切り下げる中、10月14日以降からは上値を20日移動平均線で抑えられる展開を続けており、現在の20日移動平均線はレジスタンスラインとして機能していることがわかります。

更に10月9日以降のビットコイン(BTC)相場では5日移動平均線がサポートラインとして推移していましたが、10月14日には遂に5日移動平均線を下回る値動きを見せました。

その後短期的な反発は見せるものの、大きく上値を伸ばすことが出来なかったビットコイン(BTC)は本日10月16日までに87万円台まで下値を落とす展開となりました。

【ここがポイント】ビットコイン(BTC)/JPYの価格チャートの見方

20日移動平均線をレジスタンスラインとして、これまでのサポートラインであった5日移動平均線を下回ることになったビットコイン(BTC)は現在弱気相場の中、値動きを見せていることになります。

また本日10月16日の下降チャートにより、4時間足チャートでの一目均衡表雲も下回ることになったビットコイン(BTC)は複数の下降トレンドサインを出現させたことになり、短期的に見て今後も下降チャートを形成する可能性が高いでしょう。

今後も下落が予測される中、サポートラインとして注目できる価格帯は直近の最安値である86万8千円台となります。

また直近の安値である86万8千円台を下回る場合は83万円台まで下落する可能性が高くなるため警戒が必要です。

今後のビットコイン価格チャートの予想される動き

移動平均線及び一目均衡表雲の視点より、現在弱気相場目線が強まっているビットコイン(BTC)は86万8千円台近辺までは下落する可能性が高いといえるでしょう。

直近の安値へ接触が近づくビットコイン(BTC)は、反発を狙った取引者による買い注文取引が徐々に増えている状況です。そのため直近安値接触時のビットコイン(BTC)はじわじわと上値を切り上げる展開を見せる可能性があることを頭に入れておきましょう。

仮に反発の値動きを見せた場合、一目均衡表雲が推移する88万9千円台に注目です。一目均衡表に上昇を抑えられる値動きを見せた場合、ビットコイン(BTC)相場では短期的な買い注文量が解消への動きへ切り替わる場合があるでしょう。

今後注目!ポイントのビットコイン相場価格

今後のビットコイン(BTC)チャートにとって、上値は88万9千円台、下値は86万8千円台での反発に期待しましょう。

仮に86万円台を明確に下へ抜けた場合、ビットコイン(BTC)は83万円台まで下落する可能性があります。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。

ビットコインを取引するならコインチェック!口座開設はこちらから
コインチェック口座開設

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る