COIN TOKYO

¥1,066,033
BTC -0.08%
¥29,115
ETH -0.63%
¥31.26
XRP -0.72%
¥33,909
BCH -0.13%
  • 2019/10/18
  • 2019/10/30
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

バンクオブアメリカ、リップル社のソリューションをテストした可能性が浮上

このエントリーをはてなブックマークに追加
バンクオブアメリカ、リップル社のソリューションをテストした可能性が浮上 -仮想通貨ニュースサイト コイン東京
Bank of America(バンクオブアメリカ:BoA)が、Ripple社のソリューションを少なくともテストしたようだ。あるIMFの昨年の資料が、現在ツイッターで拡散している。17日午後10時頃にCoindeskが伝えた。

バンクオブアメリカがRipple製品をパイロット

2018年12月、Rippleのアジア太平洋地域の政府および規制問題の責任者であるSaga Sarbhai氏は、IMFが開催したセミナーでプレゼンテーションを行った。

RippleのxCurrentに関するプレゼンテーションで、スライド「顧客のスナップショット」にバンクオブアメリカメリルリンチのロゴが表示された。資料は後にIMFに公開され、最近ツイッターで拡散されました。IMFは文書が本物で、リップルの幹部が講演を行ったことをCoinDeskに認めた。

CoinDeskの取材に対して、リップルの広報担当者はBoAが顧客かどうか否定も肯定もしなかったが、パイロットを実施したと述べた。

「バンクオブアメリカは2016年からRippleのグローバル決済運用グループに属しており、私達は共にパイロットを行いました」と彼女は語った。担当者は、これまで報告されていなかったパイロットについて、詳細を提供しなかった。一方、バンクオブアメリカはコメントを控えた。

BoAは、Ripple製品を使用する金融機関ネットワーク「Ripplenet」のルールと標準について助言する委員会メンバーと知られています。

BoAが少なくともテストしたように思える「xCurrent」は、銀行がエンドツーエンドの追跡で国境を越えた支払いを決済できるようにします。xCurrentを使用する金融機関は、支払いや取引の詳細を確認するために互いに通信できます。xCurrentの顧客には、アメリカンエキスプレス、サンタンデール銀行等が含まれます。

BoAは、今月初めに「Rippleプロジェクト」チームを率いるプロダクトマネージャーの求人情報を出した。このプロジェクトは、国境を越えた支払いの分散型台帳技術ベースのソリューションをGTSクライアントに販売する。GTS(グローバルトランザクションサービス)は、大企業や金融機関の財務部門と連携するBoAの部門だ。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る