COIN TOKYO

  • 2019/10/20
  • 2019/10/30
  • コイン東京編集部 KAZE

ビットコイン(BTC)はレンジ相場の中で下値を切り下げる動きをストップ!ビットコインの今後を価格チャートから分析【2019/10/20】

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコイン(BTC)チャート記事解説のタイトル画面
ビットコイン(BTC)は10月11日に上値を95万円台近くまで伸ばすものの、その後は下降チャートを形成、揉み合いの値動きを見せながら、下値を切り下げていました。そんな中、10月18日より下値を切り下げることなく、85万円台近辺で張り付いた値動きを続けているビットコイン(BTC)は今後反発の値動きを見せる可能性が生まれたのでしょうか?チャートを確認していきます。

ビットコイン(BTC)は下値は切り下げてはいないものの、上値は引き続き移動平均線に抑え込まれている

ビットコイン(BTC)の対JPY60分足価格チャート

(TraidingViewのBTC/JPY 60分足チャート)

BTC/JPYの60分足チャートを分析していきます。10月11日に上値を95万円台近くまで上昇させたビットコイン(BTC)でしたが、その後は短期的な反落チャートを形成しています。

徐々に下値を切り下げる動きを続けていたビットコイン(BTC)、しかし10月18日より85万円台を下値とした短期的なレンジ相場を形成しており、それまで下値を切り下げていた展開から新たな短期相場へ移っています。

10月18日以降のビットコイン(BTC)相場では一度上昇への動きを試みる展開が確認されています。しかし上昇は5日井戸平均線に抑え込まれた形です。5日移動平均線は10月14日以降、レジスタンスラインとして機能しているラインであり、今回も上昇を抑えこんだ形となります。

【ここがポイント】ビットコイン(BTC)/JPYの価格チャートの見方

今後の注目するポイントとして、5日移動平均線に抑えられながらも、10月18日以降の短期的なサポートラインである85万円台で支え続けられている展開からどう動くのかということになります。

基本的に移動平均線をレジスタンスラインとしているビットコイン(BTC)相場は既に弱気目線相場です。しかし10月7日以降のチャートを見た場合、現在サポートラインとなっている85万円台は丁度フィボナッチラインと一致しています。

仮に現在の短期的な相場がエリオット波動での第5波とみなす場合、ビットコイン(BTC)はフィボナッチラインである85万円台を底として、再び大きく上昇する展開も考えられます。このシナリオの可能性を高めるポイントが正に現在レジスタンスラインとして機能している5日移動平均線の突破ということになるでしょう。

しかし今後も5日移動平均線がレジスタンスラインとして機能し続ける場合、既に弱気相場にあるビットコイン(BTC)相場は警戒が強まり、更に下値を落とす展開の可能性が高くなることになります。

今後のビットコイン価格チャートの予想される動き

今後値動きとして、本日10月20日から明日10月21日にかけての5日移動平均線接触のリアクションを確認しましょう。

仮に5日移動平均線を突破することが出来た場合、ビットコイン(BTC)は89万円台までの上昇が可能性として高まることになります。

しかし今後も5日移動平均線に上昇を抑え込まれた場合、更に5日移動平均線に抑え込まれた際に出来高に反応が見られた場合、ビットコイン(BTC)は短期的なサポートラインである85万円台のブレイクが可能性として高まることになります。

今後注目!ポイントのビットコイン相場価格

本日10月20日から明日10月21日の場面では上値は5日移動平均線が推移する87万1千円台に注目しましょう。

下値に関しては引き続き85万円台に注目です。85万円台を割ってしまう場合、83万円台にも注目しましょう。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。

ビットコインを取引するならコインチェック!口座開設はこちらから
コインチェック口座開設

仮想通貨の最新情報をお届けします!