COIN TOKYO

  • 2019/10/21
  • 2019/10/30
  • コイン東京編集部 KAZE

リップル(XRP)は10月17日以降上値の更新は見られていない、今後の見通しは?リップルの今後を価格チャートから分析【2019/10/20】

このエントリーをはてなブックマークに追加
リップルの今後を価格チャートから分析【2019/10/20】
9月17日以降、上昇トレンドを継続しているリップル(XRP)は本日10月20日までに0.0000377BTC台まで上値を伸ばしました。11月にファンダメンタル要素も控えている中、順調に価格を伸ばしているリップル(XRP)ではありますが、10月17日以降の短期チャートを見た場合、上値の更新は確認できていません。リップル(XRP)は今後どのような値動きとなるのでしょうか?チャートを確認していきます。

リップル(XRP)の天井を判断する基準とは?

リップル(XRP)の対BTC4時間足価格チャート

(TraidingViewのXRP/BTC 4時間足チャート)

XRP/BTCの4時間足チャートを分析していきます。9月17日より上昇トレンドを形成しているリップル(XRP)は、10月17日より上値の更新を止めています。

9月17日以降、既に大幅に価格を伸ばしているリップル(XRP)、その要因は11月に控えられている大型カンファレンスSwellに対する期待上げも踏まえられています。

しかしこれまでのリップル(XRP)相場では、ファンダメンタル要素に持続的なものはなく、大型カンファレンスに近づくほど、これまで溜まっていた買い注文が一度手放される可能性があると考えられるでしょう。

既に10月17日以降上値を伸ばし切れていないリップル(XRP)は徐々に反転の可能性もしっかりと考えていかなければならない状況となっています。

トレンド転換を判断する一つの要素としては4時間足チャートでの一目均衡表雲が挙げられます。一目均衡表雲は10月以降、サポートラインとして機能しやすい状況となっており、今後も一つのサポートラインとして考えることができるでしょう。

対ドル(USD)のリップル(XRP)相場

リップル(XRP)の対USD日足価格チャート

(TraidingViewのXRP/USD 日足チャート)

XRP/USDの日足チャートを分析していきます。9月18日以降から長期的なトライアングルパターンを形成したリップル(XRP)は75日移動平均線、20日移動平均線のサポートもあり、トライアングルパターンを上放れする展開を迎えています。

トライアングルパターンが上放れしたこと、長期移動平均線を上回ったことにより、今後の対法定通貨リップル(XRP)チャートでは強気相場目線へ大きく偏ることになり、今後も更に上値を伸ばせるのか注目したいところです。

今後のリップル(XRP)価格チャートで予想される動き

10月17日以降上値の更新が出来ていないリップル(XRP)ではありますが、本日10月20日のローソク足では陰線を形成しながらもしっかりと下ヒゲを連ねていることから、下値は比較的固い状況となっていることがわかります。

また移動平均線を上回っている状況、長期的な戻り高値を突破したタイミングでもあることから、今後も目線は強気相場へ偏ることになり、更なる上値更新にも期待が出来るでしょう。

しかしファンダメンタル要因の日程が近づくにつれて、解消の動きも出てきやすい相場のため、常に警戒は必要でしょう。

リップル(XRP)の今後注目すべき価格

基本的に上昇目線が強い現在のリップル(XRP)相場にて、トレンド転換、もしくはトレンド終了の基準となる価格帯として0.0000346BTC台を意識しましょう。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。

リップル(XRP)を取引するならコインチェック!口座開設はこちらから
コインチェック口座開設

仮想通貨の最新情報をお届けします!