COIN TOKYO

¥871,096
BTC -0.34%
¥19,091
ETH -0.01%
¥27.19
XRP -0.23%
¥26,501
BCH -0.23%
  • 2019/10/23
  • 2019/10/30
  • コイン東京編集部 ritz

リップル社、ワシントンDCにオフィスを設置、規制対策を強化

このエントリーをはてなブックマークに追加
リップル社、ワシントンDCにオフィスを設置、規制対策を強化-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
国際送金ブロックチェーンスタートアップRipple(リップル)社は、米国の首都ワシントンDCにオフィスを開設し、規制対策チームを設置しました。DC規制チームのヘッド、ミシェル・ボンドはロビーインググループBlockchain Associationの取締役に就任します。同社はまた、米国財務省秘書官の元カウンセラー、クレイグ・フィリップスをRippleの独立取締役に追加した。

Rippleの努力の自然な延長

Rippleは、首都で実績を有す規制チームを作成している。Rippleの政府関係のグローバルヘッド、ミシェル・ボンド氏が、ワシントンDCオフィスを率いる。リップルのDCチームには以下3名が含まれる。

・スーザン・フリードマン;元財務省国際市場の秘書補佐時代にCFTC会長の上級顧問を務めた。
・ロン・ハモンド:ウォーレン・デイビッドソン議員のトークン分類法の立法アドバイザーを務めた。
・クレイグ・フィリップス:米国財務省秘書の元カウンセラーを務めた。

フィリップスは、戦略的な規制の機会に関してRippleの経営陣にアドバイスする:

「ブロックチェーンと仮想通貨業界に注目しているときに、民間と公共部門の両方で私の経験を共有するのは当然のことです。Rippleは、規制機関と協力して安全で予測可能なコンプライアンス環境を開発することを優先しています。」(フィリップス)

ワシントンに規制チームを設置する事で、Rippleはこれまで金融機関が仮想通貨を遠ざけてきた「規制の不確実性」に対処する。同社CEOのブラッド・ガーリングハウスによると、Rippleの目標は、ワシントンの政策立案者のリソースになること。「これにより、米国が金融革新のリーダーとしての環境を育てるよう、情報に基づいた意思決定が可能になる。」と以下のように続けた;

「RippleはワシントンDCにプレゼンスを持つ最初の主要なブロックチェーン企業として、規制当局と協力して業界について教育し、すべてのデジタル資産を一緒くたにペイントすべきでない理由を説明するため、ここに設置することが重要と考えています。」

ミシェル・ボンドは、Blockchain Association(ブロックチェーン協会)の取締役に就任する。協会は、ブロックチェーン技術を提唱し、分散ソリューションを構築する企業と政府との関係を構築する業界団体だ。

「Rippleは当初から規制当局や政府との会話を進めてきた。私たちは連邦準備制度のファスター・ペイメント・カウンシル(高速決済協議会:FPC)に参加しました。IMFのフィンテックアドバイザリーボードの一部であり、中央銀行がブロックチェーンについて学ぶためのサミットを開催し、世界中の50以上の政府と引き続き関与しています。ワシントンDCに事務所を設立することは、そうした仕事の自然な延長です。」(ガーリングハウス)


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る