COIN TOKYO

  • 2019/10/27
  • 2019/10/30
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

リップルCEO 「送金会社からOn-Demand Liquidity(ODL)の多国展開に強い要請ある」=XRP使用の国際送金で

このエントリーをはてなブックマークに追加
リップルCEO 「送金会社からOn-Demand Liquidity(ODL)の多国展開に強い要請ある」=XRP使用の国際送金で +仮想通貨ニュースサイト コイン東京
MoneyGram(マネーグラム)は、国境を越えた支払いにデジタル資産XRPを使用するOn-Demand Liquidity(ODL)について、メキシコ以外の国にも展開したいと考えている。Ripple(リップル)のブラッド・ガーリングハウスCEOが語った。

MoneyGramのCEOによる直談判

10月21日~24日にワシントンDCで開催された「Fintech Week 2019」で、ガーリングハウス氏はMoneyGramのアレクサンダー・オルムスCEOによる直談判について語った。オルムスCEOは、「On-Demand Liquidity(ODL)」に新しい回廊が追加される時期について聞いたという。ODLは、XRPをブリッジ通貨に活用する、以前は「xRapid」と呼ばれていたRipple社の送金ソリューションです;

「2週間前にMoneyGramのCEOから電話がありました。おそらくこれは言うべきではないが、彼は私たちが十分に素早く動いていないと苛立っていた。彼は我々にOn-Demand Liquidityをもっと迅速に、より多くの市場で立ち上げてほしいと考えている。彼らはメキシコで非常に良い経験をしており、より早くより積極的に拡大したいようだ。」(ガーリングハウス氏)

On-Demand Liquidityは現在、メキシコとフィリピンの2つの目的地で稼働している。RippleのCEOは、追加の回廊をまだ開いていない理由を説明した。ガーリングハウス氏によると、規制当局とマーケットメーカーの参加を確保できた場合にのみ、新しい回廊を立ち上げている。後者はXRP取引量の急増に適切に対処する。

「新しい市場の開設には、規制当局の関与を得るだけではない。反対側の取引所が堅固で規制に準拠していること、そしてそれに伴うすべてのことを備えている必要があります。」

Rippleは7月に一部株式を取得してMoneyGramと提携しました。MoneyGramは、ネットワーク全体で毎年16億ドル以上を送金処理しており、外国人労働者に信頼性が高く迅速な送金サービスを提供しています。

MoneyGramのアレックス・オルムズCEOは、シンガポールで11月7日と8日に開催されるRippleの会議「Swell」で講演を予定しています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!