COIN TOKYO

  • 2019/10/29
  • 2019/10/30
  • コイン東京編集部 KAZE

ビットコイン(BTC)は揉み合いを徐々に収束!今後の動き出しは?ビットコインの今後を価格チャートから分析【10月29日】

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコイン(BTC)の今後
ビットコイン(BTC)は10月25日から10月26日にかけて急上昇の値動きを見せた後、揉み合いの値動きを続けています。連日揉み合いの値動きを続けているビットコイン(BTC)は本日10月29日までに徐々に値動きを収束する形を見せています。急上昇の動きから少しずつ落ち着きを取り戻しているビットコイン(BTC)は果たしてどのタイミングで動き出すのでしょうか?チャートを確認していきます。

ビットコイン(BTC)はレンジ相場からトライアングルパターンを形成し始める!

ビットコイン(BTC)の相場予想

(TraidingViewのBTC/JPY 4時間足チャート)

BTC/JPYの4時間足チャートを分析していきます。10月25日より10月26日未明にかけて、80万円台から112万円台まで価格を上昇させたビットコイン(BTC)は、その後揉み合いの値動きを続けています。

また揉み合いの値動きは本日10月29日までに、上値は切り下がり、下値は切り上げる形を見せており、値動きを収束しています。

揉み合いの値動きから収束する値動きとなったことにより、短期的なトライアングルパターンを形成しているビットコイン(BTC)は近々新たな値動きを見せる展開が考えられる状況となりました。

【ここがポイント】ビットコイン(BTC)/JPYの価格チャートの見方

現在短期的なトライアングルパターンが形成しつつあるビットコイン(BTC)、収束点は明日10月30日となる見通しです。

そのため本日10月29日から明日10月30日の期間は揉み合いを続けているビットコイン(BTC)は大きな値動きを見せる可能性があるため注目しましょう。

また現在のビットコイン(BTC)チャートに対して注文比率も合わせた場合、10月26日以降のレンジ相場にて買い注文量が上昇しつつある状況です。対して売り注文量も溜まってきてはいるものの、十分には溜まっていません。

注文比率の視点から見た場合、ビットコイン(BTC)はトライアングルパターンを経て、もう一段回上昇への値動きを見せる可能性もあるでしょう。

今後のビットコイン価格チャートの予想される動き

トライアングルパターンを形成しているビットコイン(BTC)は、本日10月29日から明日10月30日にて大きな値動きを見せる可能性があります。

そのためまずは直近の上値・下値をブレイクする値動きが見られた場合、トライアングルパターンが放たれる初動となる場合があるため注目しましょう。

その中で注文比率チャートの動きも合わせると、買い注文量の上昇と共にチャートは上昇方向へ動き出す可能性があるため、もう一段の価格上昇に期待したいところです。

今後注目!ポイントのビットコイン相場価格

現在短期的なトライアングルパターンを形成しているビットコイン(BTC)、今後注目する価格帯として、直近の上値である104万円台、更に直近の下値である100万円台ブレイクには一度注目しましょう。

大きな値動きを見せる場合、上値は112万円台、下値は96万9千円台を突破出来るのか注目です。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。

仮想通貨の最新情報をお届けします!