韓国でブロックチェーン決済が加速、Terra(LUNA)のモバイル決済アプリ「CHAI」が好調

韓国のモバイル決済アプリCHAIは、Terraブロックチェーンで43万ユーザーに270万件以上のトランザクションを処理したという。26日にDecryptが報じた。

目次

CHAIのブロックチェーン決済

7月に韓国のモバイル決済サービスである「CHAI」は、Terraブロックチェーンの決済システムを採用した。TerraはCHAIのユーザーベースにブロックチェーンテクノロジーを提供できる。CHAIアプリは、

ステーブルコイン

(TERRA)を使用してより安価なトランザクションを運用し、その節約分をユーザーに還元できる。TERRAはアプリのバックエンドだけで使用され、ユーザーにはステーブルコインを使用していることがわからない。

CHAIは、会員数1,000万人・年商35億ドルの「TMON」を含む、主要なEコマースで採用されている。CHAIのユーザーは銀行口座を登録してオンラインで商品を購入できる。CHAIはすでに15の主要な地方銀行と提携している。Apple App StoreとGoogle Play Storeの両方で確立されたKakaoPayを上回った。

韓国ブロックチェーンウィークで、Terra創設者でTMONの会長を務めるデイビッド・シン氏は、Terraのこれまでの大きな成長の最大の媒介は、CHAIとのコラボレーションだと語った。

CHAIアプリの登録ユーザー数は約430,000人。毎月3分の2がリピーターとなり、1回の訪問あたり消費額は平均19ドル。6月のローンチ以来、CHAIはデイリー40,000人の訪問者数を記録し、Terraブロックチェーンを介して5,400万ドル相当の取引を処理したという。

シンは、クレジットカードの割高な手数料(加盟店に対し最大3%を課す)にCHAIを介したブロックチェーン決済のチャンスがあると語る。従来の支払いプロバイダーの価格設定に基づいて、加盟店に810,000ドルを節約したと主張している。

「私たちの価値提案は、まさにこれらの加盟店が求めているものです。」(デイビッド・シン氏)

シンはまた、韓国の14,000店舗のコンビニエンスストアCUは、今年12月にCHAIアプリの支払いを受け入れ始めると発表した。

Terraネットワークには取引手数料を徴収するマイナーが保持するトークン「LUNA」がある。LUNAはステーブルコインTerraの担保資産ともなる。Lunaはすでに韓国の取引所だけでなく、Bitrue、KuCoin、Bittrexなどのグローバル市場にも上場している。

ホワイトペーパーによると、Terraは年間取引額500億ドルを超える25以上のパートナーを獲得している。25社はそれぞれCHAIをプラットフォームに統合するという。

関連記事



目次