COIN TOKYO

  • 2019/10/31
  • 2019/10/31
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

ジェミニは「歴史的瞬間」と称賛!カナダ証券市場でビットコイン・ファンド上場に向けた進展

このエントリーをはてなブックマークに追加
カナダ証券市場でビットコイン・ファンド上場に向けた進展、ジェミニは「歴史的瞬間」と称賛 +仮想通貨ニュースサイト コイン東京 
カナダの投資ファンドマネジャー3iQは、オンタリオ証券委員会(OSC)の公聴会で有利な裁定を受けたことを発表した。3iQはカナダの主要な証券取引所でクローズドエンド型ビットコインファンド「The Bitcoin Fund」の上場を目指している。実現すると、カナダの個人投資家はファンドを通じたビットコインのエクスポージャーを得る。

ビットコイン・ファンド上場に向けた進展

The Bitcoin Fundは償還不可能な投資ファンド(NRIF)として、3IQ Corpはミューチュアルファンドに許可されていない資産に投資できる。ただし、ファンドは投資家の償還権を制限する。

発表によると、OSCパネルはOSCディレクターに、3iQの最終目論見書の受領を発行するよう指示したという。3iQのフレッドパイCEOによると、同社は過去3年間、OSCの投資ファンドおよびストラクチャードプロダクトブランチと協議してきた。3IQは2019年第4四半期にファンドの上場を望んでいる;

「規制された投資ファンドにおける価格設定、カストディ、監査、および公益の問題に対処しました。この画期的なファンドを投資家にもたらす次のステップとして、できるだけ早く目論見書を修正するつもりです。」

公聴会でOSCコミッショナーのローレンスP.ハーバー氏は、「規制機関はビットコインを中心に構築されたファンドが既存の規制に準拠できないことを十分に証明しなかった」と述べた。また、「個人投資家はビットコインなどのデジタル通貨に投資することで起こりうるリスクを認識するほど洗練されていない」との考えに反論した。

米国の仮想通貨取引所ジェミニの共同設立者タイラー・ウィンクルボス氏は、裁定を「歴史的瞬間」と呼び、ジェミニのカストディが3iQの顧客資産を保護する事を誇りに思うと主張した。双子の兄弟キャメロン・ウィンクルボスは、「3iQはカナダの市場向けに安全なファンド商品を構築するために、デジタル資産業界の専門知識を持つ専門パートナーのチームを慎重に選択した」と付け加えた。

米国市場でビットコインETFを申請していたVanEckは3iQのインデックスパートナーとして協力する。

2012年に設立された3iQは現在、「3iQ Bitcoin Trust」と「3iQ Global Cryptoasset Fund」の2つのデジタル資産ファンドを管理している。2つのプライベート投資ファンドは「ビットコインのみ」と「ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン」を保有する。両方のファンドは、カナダの適格投資家が参加でき、また目論見書の要件の下でいくつかの免除が適用されている。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る