COIN TOKYO

  • 2019/11/02
  • 2019/11/02
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

「リップル技術でのパートナーシップを拡大する」-マネーグラム決算報告

このエントリーをはてなブックマークに追加
リップル技術のパートナーシップ拡大を強調、マネーグラム決算報告 +仮想通貨ニュースサイト コイン東京
MoneyGram(マネーグラム)は、リップル社とのパートナーシップを拡大し、国境を越えた支払いにデジタル資産XRPを使用するOn-Demand Liquidity(ODL)について、メキシコ以外の国にも展開させる意向を表明した。

リップル技術は競争力のある差別化要因

リップル社のプロダクト担当SVPのアシーシュ・バーラ氏によると、1日のMoneyGramの決算報告で、アレックス・ホームズCEOが年末までにODLを新しい回廊に展開する計画を発表した;

「Rippleとのパートナーシップは、今後数か月および数年で競争力のある差別化要因になる。」(ホームズ氏)

引用:MoneyGram 2019年Q3決算報告
引用:MoneyGram 2019年Q3決算報告

MoneyGramの2019年第3四半期(Q3)決算報告によると、Rippleとのパートナーシップは成長し続けている。現在、MoneyGramは24/7な外貨取引にODLソリューションを利用しており、メキシコ向けの送金ニーズでODLの使用量は増加し続けている。同社はQ4以降にODLを他国に拡張し、最終的にグローバルなリアルタイム決済を強化する意向を示した。MoneyGramのアレックス・ホームズCEOは以下のように主張した;

「第3四半期の業績は当社ビジネスの継続的な変革を反映しています。我々はカスタマーエクスペリエンスの改善、国境間のデジタル成長、リップルとの戦略的パートナーシップを通じた業界をリードするイノベーションに注力しています。」

「米国市場も改善の兆しを見せたが、米国以外の事業が当四半期で前年比で成長したことを非常に嬉しく思います。」

パートナーシップ概要
パートナーシップ概要

ODLはデジタル資産XRPをブリッジ通貨に使用するリップルの国際送金ソリューションだ。MoneyGramのスライドは、ODLが低コストで高速のトランザクションを実現すると強調した。

MoneyGramのアレックス・ホームズCEOは、シンガポールで11月7日と8日に開催されるRippleの会議「Swell」で講演を予定している。

仮想通貨の最新情報をお届けします!