COIN TOKYO

¥925,213
BTC +0.07%
¥19,653
ETH +0.10%
¥28.48
XRP +0.13%
¥28,977
BCH +0.11%
  • 2019/11/07
  • 2019/11/07
  • コイン東京編集部 ritz

リップル社がXRPベースの送金ソリューションODLの拡大計画を発表-取引数は年初来7倍増加

このエントリーをはてなブックマークに追加
リップル社がXRPベースの送金ソリューションODLの拡大計画を発表-取引数は年初来7倍増加 +仮想通貨ニュースサイト コイン東京
6日、米国のブロックチェーン・フィンテック企業リップルは顧客数が300を越えたこと、そしてRippleNetのトランザクション数が前年比10倍に成長した事を発表した。RippleNetは銀行、金融機関、および決済プロバイダーのグローバルネットワークだ。

ODL送金国の拡大計画

発表によると、昨年のSwel会議でローンチされたODL(On-Demand Liquidity)は一年間で2ダースの顧客がサイン。第1四半期末~10月末に、ODL上のトランザクション数は7倍以上に膨らんだ。ODLはブリッジ通貨としてデジタル資産XRPを活用し、事前資金調達の必要性を排除する国際送金ソリューションだ。

リップルによると、ODLは最初にメキシコとフィリピンの送金回廊が開かれた。その後、オーストラリアに既に拡大しており、まもなくブラジルが追加予定。2020年には、APAC、EMEA、LATAMを横断する回廊の計画が進行中だという。

アメリカ、メキシコ間の国際送金にODLを使用するViamericasのポール・ダイアーCEOによると、昨年の世界送金市場は史上最高の6,000億ドルに達し、発展途上国の低・中所得の家族にとって益々重要となっている。Viamericasは「ODLによって流動性をより効率的に管理でき、リアルタイムな支払いを送信し、支払いコストを削減できる」という。

オーストラリアを本拠とするFlashFXのニコラス・スタイガーCEOは「リップルのODLを最も早く採用した企業の1つとして、製品の利点と、顧客に対する国境を越えた支払いを劇的に改善するだけでなく、収益にも影響を与える可能性を目の当たりにしました」と語る。

「今年は当社にとって過去最も強力でした。2019年に、顧客、RippleNetの成長、ODLの採用の勢いが継続しました。」とリップル社のブラッド・ガーリングハウスCEOは主張する;

「ODLを開始してからわずか1年で、顧客の収益性に影響を与えています。この勢いを来年に継続し、ODLを新しい市場に拡大することを楽しみにしています。」

なお、RippleNetを使用する顧客は6大陸・45か国以上に渡り、70か国以上で支払い機能を備えている。最近のリップルのパートナーには、ベトナムの銀行TPBank、英国の決済技術プロバイダーFinastraが含まれる。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る