COIN TOKYO

¥923,584
BTC -0.31%
¥19,633
ETH -0.16%
¥28.46
XRP -0.09%
¥28,819
BCH -0.68%
  • 2019/11/09
  • 2019/11/09
  • コイン東京編集部 ritz

中国Tencentが「仮想銀行」開設計画を発表-CeFiとDeFiの統合を視野

このエントリーをはてなブックマークに追加
中国Tencentが「仮想銀行」開設計画を発表、CeFiとDeFiの統合を視野 +仮想通貨ニュースサイト コイン東京
中国の大手ネットサービスTencent(テンセント・ホールディングス)は、「仮想銀行(Virtual Bank)」の開発計画を明かした。8日に中国メディア火星財経が伝えた。

中国Tencent仮想銀行の計画

Tencentのブロックチェーン部門チーフYige Cai氏は、8日に中国で開催された「世界ブロックチェーン会議」で、ブロックチェーンベースの仮想銀行を開設する計画を明かした。同社は、銀行の構築に専念するチームを編成する準備をしているという;

「ブロックチェーン申請プロセスの主要な目的は、データ資産、物理資産、およびデジタル通貨に関するものです。」

デジタル資産の新しい時代の方向性は?Tencentのアンサーは、CeFi(中央型金融)とDeFi(分散型金融)を組み合わせ、CeFiの大規模な資産とシナリオ、コンプライアンス、成熟したリスク管理システムに、DeFiの革新的な財務ルールを統合して、補完的な利点とリソースを実現することだ。

ブロックチェーンとモノのインターネットに基づいて香港で設立されたTencentのFurong銀行(「Virtual Bank」に改名)は、その象徴となる。Furong Bankは香港SFCのライセンスを既に取得しており、本土でTencentの豊富な金融ビジネス経験に依存して、デジタル通貨の支払い、振替、貸付、資金、およびその他のサービスを実行する。

Tencentが香港SFCのライセンスを取得

Tencentは、5月に香港SFC(証券先物取引委員会)からInfinium名義で「仮想銀行(Virtual Bank)」ライセンスを取得し、7月にFusion Bankに名称変更した。SFCは過去12の事業体に「仮想銀行」ライセンスを付与してきた。

SFCはまた、6日に仮想資産取引を規制する新しいライセンスシステムに関する詳細を公開し、証券ブローカーを監督するものと同様のフレームワークを作成した。

「デジタル資産取引に関する香港の新しい規制と監督は、ブロックチェーン技術とデジタル資産の重要性を検証します。これは業界全体にとって朗報です。」(Cai氏)

10月にTencentは「2019 Tencent Blockchain Whitepaper」を発行。Defiのビジネス製品としてDefi Data Collaboration Protocolを概説した。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る