COIN TOKYO

¥817,998
BTC -0.36%
¥16,171
ETH +0.07%
¥24.74
XRP -0.31%
¥22,995
BCH -0.74%
  • 2019/11/11
  • 2019/11/11
  • コイン東京編集部 KAZE

ビットコイン(BTC)は11月11日未明に急上昇するもその後強い反落を起こす!ビットコイン(BTC)の今後を価格チャートから分析【11/11】

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコイン(BTC)の今後を価格チャートから分析【11/11】
11月8日にレンジ相場から下降チャートを形成し、下値を94万円台にまで落としました。その後しばらく揉み合いを続けたビットコイン(BTC)でしたが、本日11月11日未明にレジスタンスラインを突破するほどの急上昇を見せたものの、上昇後は強い反発を受け、現在下値を93万円台まで落としています。今後のビットコイン(BTC)はどのような値動きとなるのでしょうか?チャートを確認していきます。

強い上昇は限定的なものとなり、大きな下落を見せるビットコイン(BTC)

ビットコイン(BTC)の対JPY60分足価格チャート

(TraidingViewのBTC/JPY 60分足チャート)

BTC/JPYの60分足チャートを分析していきます。11月8日に下降チャートを形成したビットコイン(BTC)は20日移動平均線をレジスタンスラインとしたレンジ相場を形成しました。

揉み合いが続く中、本日11月11日未明にビットコイン(BTC)は、これまでのレジスタンスラインを突破し、一気に上値を99万円台まで伸ばしました。

また11月11日未明に見せた急上昇は1分足チャートでも大陰線の形を形成しており、瞬間的な上昇だったことがわかります。そのため今回の上昇は市場全体による動きと判断するよりも大口による取引と判断しても良いでしょう。

レジスタンスラインを突破したビットコイン(BTC)の上昇は限定的なものであり、その後の値動きでは価格を急落、現在までに下値を93万8千円台まで落としています。

【ここがポイント】ビットコイン(BTC)/JPYの価格チャートの見方

ビットコイン(BTC)の対JPY日足価格チャート

(TraidingViewのBTC/JPY 日足チャート)

BTC/JPYの日足チャートも併せて見ていきます。本日11月11日に上下に激しい値動きを見せたビットコイン(BTC)ではありますが、値動きに伴う出来高の反応は非常に鈍く、今回の相場が今後の展開を考察するための要因とはなりにくい状況です。

しかし11月11日未明の上昇は大口による取引の可能性が高く、それに伴い市場でのリアクションが薄かったという点。

上昇は限定的であり、その後は買い注文量を緩やかに減らしながら下降チャートを形成している点から、市場としては弱気相場が意識される状況だと考えることはできます。

その中で大口による仕掛けが再び起きるのか注目する必要はあるでしょう。


今後のビットコイン価格チャートの予想される動き

本日11月11日の下落にて、現在下値を93万8千円台まで落としているビットコイン(BTC)、直近の安値を抜けたビットコイン(BTC)はここから一度反発の動きに期待したいところではありますが、出来高の反応の鈍さから今後更に下落する可能性もあります。出来高の反応より今後の展開が判断しにくい状況ではあります。

注文比率チャートを合わせて確認した場合も、一時的な上昇から買い注文量は徐々に減少、対する売り注文量は下値更新の値動きより増え始めています。

そのため注文比率チャートからも短期的なビットコイン(BTC)は下落方向への可能性が考えられるでしょう。

今後更に下値を落とす場合、ビットコイン(BTC)は93万円台まで下値を落とす可能性があるでしょう。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。

ビットコイン(BTC)を取引するならコインチェック!口座開設はこちらから
コインチェック口座開設

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る