COIN TOKYO

¥820,467
BTC -0.16%
¥16,161
ETH -0.15%
¥24.88
XRP +0.73%
¥23,113
BCH -0.21%
  • 2019/11/16
  • 2019/11/16
  • コイン東京編集部 KAZE

ビットコイン(BTC)は一時反発を見せるものの、下降トレンドに変化は無し!ビットコイン(BTC)の今後を価格チャートから分析【11/16】

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコイン(BTC)の今後を価格チャートから分析【11/16】
ビットコイン(BTC)は11月14日に長期移動平均線である200日移動平均線を下回り、長期的にもビットコイン(BTC)は弱気相場目線へとなっています。そんな中、11月15日には一時反発の値動きを見せ、上値を切り上げる展開を見せましたが、すぐに反落の値動きへ切り替わり、下降トレンドは継続しています。ビットコイン(BTC)は今後も更に下値を落とすことになるのでしょうか?チャートを確認していきます。

下降トレンド継続中のビットコイン(BTC)、今後の見通しは?

ビットコイン(BTC)の対JPY4時間足価格チャート

(TraidingViewのBTC/JPY 4時間足チャート)

BTC/JPYの4時間足チャートを分析していきます。11月14日に長期移動平均線である200日移動平均線を下回ることになったビットコイン(BTC)、注文比率チャートでも200日移動平均線を下回るタイミングから売り注文量が上昇し始めています。

そんな中、11月15日に一度比較的強い反発を見せたビットコイン(BTC)は92万円台から95万円台まで反発を見せたものの、その後の反落も強く、下降トレンドは継続している状況です。

11月15日時点の95万円台は5日移動平均線が推移する価格帯でした。短期的に一度平均価格帯に戻ったビットコイン(BTC)は戻り売りという形で再び下落チャートを形成したということになります。

【ここがポイント】ビットコイン(BTC)/JPYの価格チャートの見方

下降チャートの中、一度反発を見せるものの、すぐに反落の値動きへ切り替えたビットコイン(BTC)は今後も弱気相場目線が続きます。

現在92万円台近辺で推移しているビットコイン(BTC)、今後も更に下値を落とす場合、10月末の暴騰に対するフィボナッチラインである90万円台が次なる反発ポイントとして機能する場合があります。

また現在推移している92万円台からフィボナッチラインにあたる90万円台は9月末から10月末までの抵抗線として機能していた価格帯であり、今回も下降チャートに対する転換線として機能する可能性が高いため、注目しておきましょう。

今後のビットコイン価格チャートの予想される動き

11月15日の反発を5日移動平均線を基準とした戻り売りが起きたと考える場合、下降トレンドはもうしばらく続く可能性があります。

しかし10月末の暴騰に対するフィボナッチラインである90万円台で強い反発を起こす場合、ビットコイン(BTC)相場はエリオット波動の上昇チャートが期待できる相場に切り替わる可能性もあります。

そのため、短期的には下値更新の可能性が高いビットコイン(BTC)ですが、節目でもある90万円台の反発に期待し、相場観に変化が起きないのか注目です。

今後注目!ポイントのビットコイン相場価格

今後最も注目してほしい価格帯はフィボナッチラインであり、節目でもある90万円台です。

既に下降トレンド継続の可能性が高いビットコイン(BTC)は90万円台で強い反発を見せることが出来るのか注目しましょう。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。

ビットコイン(BTC)を取引するならコインチェック!口座開設はこちらから
コインチェック口座開設

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る