COIN TOKYO

¥816,200
BTC +0.28%
¥16,253
ETH +0.10%
¥24.75
XRP +0.18%
¥23,122
BCH -0.03%
  • 2019/11/17
  • 2019/11/17
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

ビットコインキャッシュがアップグレードを完了|一部のマイナーは不正チェーンの採掘で損失

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコインキャッシュがアップグレードを完了|一部のマイナーは不正チェーンの採掘で損失 +仮想通貨ニュースサイト コイン東京
ビットコインキャッシュ(BCH)は、ハードフォークを完了し、2つのプロトコル・アップグレードを施した。

一部のマイナーは旧チェーンを採掘

ハードフォークは11月15日16:49:28 UTC、ブロック番号609135で発生した。BitMEX ResearchのFork Monitorによると、2つの異なるチェーンに分割された。しかし、PoW(Proof of Work)プロトコルのナカモト・コンセンサスに基づいて、最長チェーンが信頼できる台帳と見なされ、短いチェーンは無効となる。

チェーン分岐は、一部のマイナーが事前に新しいソフトウェアの導入を忘れたために発生した。BitMEX Researchが指摘したように、不正チェーンのマイニングコストは無駄になる;

採掘プールが2ブロックを不正なチェーンで採掘する『機会コスト』は「12.5 BCH + 12.5 BCH =最大25 BCH(約6,600ドル)」に達する可能性がある。

17日昼時点、BCHの正当なチェーンはブロック番号609,370を採掘した。一方、不正チェーンは未明に609,158ブロックを掘続した。

ビットコインキャッシュがアップグレードを完了

ビットコインキャッシュ(BCH)はロードマップを進めるために6か月毎にアップグレードする。これまで、BCHはブロックサイズを32MBに拡げ、Satoshiオペコードを有効にし、OP_Checkdatasigを実装し、Canonical Transaction Ordering(CTOR)を追加し、Schnorr(シュノア)署名サポートのベースを設けた。

最新のフォークにより、BCHブロックチェーンはスクリプトで最小限のプッシュデータを強制するようになった(Minimaldataルール)。これにより、BCHネットワークトランザクションの大部分が攻撃不能になる。

さらにオペコード「OP_Checkmultisig(verify)」にSchnorr(シュノア)署名のサポートが追加された。これは、すべての署名チェックがSchnorr署名をサポートすることを意味する。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る