COIN TOKYO

¥793,127
BTC +0.22%
¥15,921
ETH +0.02%
¥24.28
XRP +0.16%
¥22,723
BCH +0.37%
  • 2019/12/03
  • 2019/12/03
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

中国人民日報-2019年流行語第2位に『ブロックチェーン』がランクイン

このエントリーをはてなブックマークに追加
中国人民日報-2019年流行語第2位に『ブロックチェーン』がランクイン +仮想通貨ニュースサイト コイン東京
上海の語言文学雑誌『咬文嚼字』編集部が『2019年流行語トップ10』を公開し、『ブロックチェーン』が2位にランクされた。2日に人民日報が伝えた

2019年流行語第2位に『ブロックチェーン』

“ブロックチェーン(区块链)は、情報技術の分野における用語。本質的に共有データベースであり、そこに格納されるデータまたは情報は、偽造不可能、トレーサブル、オープンで透過的、および一括メンテナンスによって特徴付けられる。ブロックチェーン技術はこれらの特性に基づいて「信頼」の強固な基盤を築き、信頼性の高い「コオペレーション」メカニズムを構築し、幅広いアプリケーションの展望を持つ。”(『咬文嚼字』編集部)

中国では今年1月10日に、国立インターネット情報局がブロックチェーン情報サービスの管理に関する規則を発行。10月24日、北京で開催された共産党中央政治局の第18回集団研究会で、習近平国家主席がブロックチェーン技術を含む新世代技術への「投資を増やし、機会をつかむ」必要があると語った。

「私たちは、コア技術の独立したイノベーションの重要な突破口としてブロックチェーンを採用しなければならない。主な方向性を明確にし、投資を増やし、多くの技術に焦点を当て、ブロックチェーンと産業イノベーションの開発を加速しなければならない。」(習近平国家主席)

習近平国家主席の支持を受け、中国のブロックチェーン市場は熱狂した。

上位の流行語は次のとおり;
1位:文明の相互学習(文明互鉴):2019年5月15日にアジア文明対話会議の開会式で習近平国家主席が発した言葉。人間社会の発展の原動力、および世界平和を維持する絆を表すワードとして、国際・国内メディアで普及したという。
3位:ハードコア(硬核):例「ハードコア規制」、「ハードコアママ」、「ハードコアプレイヤー」、「ハードコアライフ」など、起源はラップミュージックのスラングから。
4位:茎を溶かす(融梗):芸術作品の盗作と引用の境界線の曖昧さを指す言葉。

その他には、人や自身を嘲笑する「レモン〇〇」、ハイテク企業の厳しい勤務体制を表す「996(午前9時午後9時週6日)」など、社会問題が含まれた。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る