COIN TOKYO

¥791,053
BTC -0.13%
¥15,919
ETH -0.11%
¥24.21
XRP +0.13%
¥22,632
BCH -0.24%
  • 2019/12/03
  • 2019/12/04
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

ライトコイン(LTC)-半減期後4か月でハッシュ値は最大70%低下もマイニング収益性は下げ止まりか

このエントリーをはてなブックマークに追加
ライトコイン(LTC)-半減期後4か月でハッシュ値は最大70%低下も採掘収益性は下げ止まりか  +仮想通貨ニュースサイト コイン東京
ライトコイン(LTC)のスポット価格は昨年12月の24ドルから6月の137ドルにかけて570%上昇。現在1LTC=46ドルと最高値から67%下落した。LTCネットワークのハッシュレートは70%減少したが、採掘収益性は史上最低水準を脱しつつあるようだ。

半減期後4か月でハッシュ値は最大70%低下

LTC採掘収益性 引用:bitinfochart
LTC採掘収益性 引用:bitinfochart

マイニングの収益性に影響する要因には、価格、ブロック時間、難易度、ブロック報酬、取引手数料などがある。6月以降、価格と難易度の両方が劇的に低下した。

発行上限8,400万LTCのうち、75.81%が採掘された。現在、年間インフレ率は4.21%。現在、ネットワークには1621のアクティブなパブリックノードがあり、そのほとんどは米国とドイツにある。

LTCマイナー採掘収益性 引用:asicminervalue
LTCマイナー採掘収益性 引用:asicminervalue

LTCのScrypt ASICマイナーは、0.04セント/ KWhの電力コストでは利益が出ていない(水力発電や地熱発電など世界中の再生可能エネルギー源により、ほとんどの採掘ファームの電力価格を0.04セント/ KWh以下と想定)。

LTC採掘ハッシュ値 引用:bitinfochart
LTC採掘ハッシュ値 引用:bitinfochart

ライトコインネットワークのハッシュレートは、今年8月の半減期イベント以来、約523 TH / Sから159 TH / sに70%近く低下した。

送金されたコインの休眠日数平均 引用:Glassnode
送金されたコインの休眠日数平均 引用:Glassnode

Glassnodeのデータによると、今年7月以降、送金されたコインの休眠日数平均『Average Coin Dormancty』が増加した。この水準は昨年11月の1BTC=3000ドルへの暴落時の水準に匹敵する。一端の売却圧力の解消を示している。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る