COIN TOKYO

  • 2019/12/08
  • 2019/12/08
  • コイン東京編集部

VeChain(VET)が投票システム『VeVote』導入へ進展-分散化に向けたマイルストーン

このエントリーをはてなブックマークに追加
VeChain(VET)が投票システム『VeVote』導入へ進展-分散化に向けたマイルストーン +仮想通貨ニュースサイト コイン東京
VeChain(VET)は、分散型投票プラットフォーム『VeVote』の導入プロセスを開始した。2019年12月6日から2019年12月13日の投票はVeVote スマートコントラクトを介して行われ、結果はVeChainブロックチェーンに記録される。

分散型ガバナンスの活用

2018年6月30日に開設されたVeChain(『VeChainThor』)は、サプライチェーン管理の先駆的なブロックチェーンプラットフォームだ。VeChainは、企業、行政、コミュニティによる採用が継続的に増加しており、ブロックチェーン上で実行されるアプリケーションがますます増加している。

5日付けのVeChain Foundationのリリースによると、VeChainは分散型のパブリックブロックチェーンを拡張するため、ガバナンスモデルを改良するねらい。Foundationは、「このモデルがエコシステム開発の急速な進展と継続性を持つ」と期待する。

『Proof of Authority(POA)』コンセンサスアルゴリズムを採用するVeChainでは、101のAuthority Masternode(AM)がネットワークを保護している。マスターノードは少なくとも2,500万VETをステークし、報酬として『Thor Energyトークン(VTHO)』を得る。

VeChain(VET)の投票システム『VeVote』
VeChain(VET)の投票システム『VeVote』

マスターノードは貢献度によって、『Authority Masternode』、『Economic X Node』、『Economic Node』に分かれ、投票権限が異なる。ステーキングユーザーは、VeChainモバイルウォレットからVeVoteにアクセスして、要件に合致した投票イベントに参加できるようになるだろう。

VeChainのエコノミーモデルは、ガバナンス構造においてFoundationが重要な役割を果たしてきたため、他のブロックチェーンのモデルよりもやや集中化されていた。BinanceChainやアイオタ(IOTA)等のプロジェクトは、中央集権からスタートして徐々に分散化へと傾斜している。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る