COIN TOKYO

  • 2019/12/08
  • 2019/12/08
  • コイン東京編集部

Microsoft AzureがBlockchain Serviceにトークン化機能(β)を統合-CEEK VRがロイヤリティトークンを発行

このエントリーをはてなブックマークに追加
Microsoft AzureがBlockchain Serviceにトークン化機能を統合-CEEK VRがロイヤリティトークンを発行 +仮想通貨ニュースサイト コイン東京
12月6日にMicrosoft Azureは、既存のAzure Blockchain Serviceを強化する2つの機能の統合を発表した。

CEEK VRがロイヤリティトークンを発行

『Azure Blockchain Tokens(プレビュー段階)』は、業界標準に準拠した準拠トークンの定義、作成、管理機能を提供する。物理資産やデジタル資産のトークンを簡単に作成・管理できるようになる。

受賞歴を持つプレミアムなブロックチェーン対応のバーチャルリアリティー(VR)ストリーミングプラットフォーム『CEEK Virtual Reality』は、Azure Blockchain Tokensを使用して、ロイヤリティ支払いのプラットフォームを作成する。スマートチケット(トークン)を使用し、信頼できるデータに基づいてコンテンツクリエーターのロイヤリティ支払いが保証される。

別のサービス『Blockchain Data Manager(プレビュー段階)』は、ブロックチェーン・データをキャプチャし、変換・復号化して複数のオフチェーンデータベース(Azure Cosmos DBやAzure SQL Databaseなど)に配信できる。既存のアプリケーションをブロックチェーン台帳上のデータと統合する面倒な作業を簡素化できる。

Microsoft Azureはまた、ラインナップにR3社の金融エンタープライズ向ブロックチェーン『Corda Enterprise』を加えた。

先週、Microsoft Azureは開発者コミュニティの報酬ツールとなる非代替トークン(NFT)「Azure Heroes」を発表していた。トークンは、ゲーム内アイテム用に設計されたブロックチェーンであるEnjinとのパートナーシップで作成された。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る