COIN TOKYO

  • 2019/12/22
  • 2019/12/22
  • コイン東京編集部

リップル社の企業価値がウィワークを上回る=XRPは0.00002350 BTCがサポートに-海外トレーダーJacob Canfield

このエントリーをはてなブックマークに追加
 リップル社の企業価値がウィワークを上回る=XRPは0.00002350 BTCがサポートに-海外トレーダーJacob Canfield-仮想通貨ニュース コイン東京
米国のリップル社は世界的な投資会社Tetragonが主導する2億ドル(約218億円)のシリーズC資金調達ラウンドを発表。リップル社の企業評価額100億ドル(約1兆900億円)はウィワークの80億ドルを上回り、いまや世界で20社前後しか存在しないデカコーン(巨大未上場)企業の仲間入りとなった。

XRPは0.00002350 BTCがサポート

リップル社のブラッド・ガーリングハウスCEOは「これはリップルと暗号スペース全体にとって2019年の大きな締めくくり」とツイート。資金は運用資金に必要ではなかったが、会社の「バランスシートに柔軟性」を持たせると同氏はFortuneに語った。

ガーリングハウス氏は企業評価額100億ドルについて、暗号中心の企業に対する投資家の関心が高いためこうした評価額を設定できたと語った。リップル社は調達資金で2020年に150人以上のスタッフを雇用し、海外オフィスを新設する見込みだ。

分析会社Messariによれば、リップルは設立以来ベンチャーキャピタルから2億9,200万ドルを調達してきた。企業評価額100億ドルは暗号資産市場でBitmainに次いで2番目に巨大な数字だ。情報筋により、マイニング機器製造大手Bitmainの評価額は2019年8月に120億ドルと伝えられた。

暗号資産トレーダーのJacob Canfield氏によると、XRP / BTCペアは数週間に渡ってサポートとして機能した20週移動平均を最近割ってしまった。現在の主要な反発ポイントは0.00002350 BTCゾーンで、そこを崩せば「サポートをはるかに低く設定する」とCanfield氏は加えた。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード