COIN TOKYO

  • 2019/12/26
  • 2019/12/26
  • コイン東京編集部 KAZE

リップル(XRP)は弱気相場継続!今後も下落は続くのか?リップル(XRP)の今後を価格チャートから分析【12/26】

このエントリーをはてなブックマークに追加
リップル(XRP)の今後を価格チャートから分析【12/26】
12月17日に大陰線を形成し、それまでのサポートラインを下方はブレイクしたリップル(XRP)は、下降チャート形成後、一時反発の値動きこそ見せましたが、上昇は限定的となっています。弱気相場が続くリップル(XRP)は今後も下降チャートの形成を続けるのでしょうか?チャートを確認していきます。

仮想通貨を取引するならレバレッジ倍率最大100倍、追証なしで初心者にもオススメなBitMEX(ビットメックス)!
BitMEX(ビットメックス)口座開設

サポートラインブレイク後のリップル(XRP)は上値を切り下げている

リップル(XRP)の対USD日足価格チャート

(TraidingViewのXRP/USD 日足チャート)

XRP/BTCの日足チャートを分析していきます。12月17日に10月27日以降から形成されていたサポートライン、0.0000297BTC台を下方へブレイクしたリップル(XRP)は、その後も大陰線を連ねました。

0.0000258BTC台まで下値を落とした後、リップル(XRP)は一度強い反発を見せるものの、上昇は限定的、過去のサポートラインである0.0000297BTC台まで到達することが出来ずにすぐ反落の動きへ切り替えます。

その後のリップル(XRP)チャートでは、強い反発を見せることなく、徐々に上値を切り下げる形を形成しています。

上昇への勢いが確認できないリップル(XRP)は現在も弱気相場継続という形になります。

対ドル(USD)のリップル(XRP)相場

リップル(XRP)の対USD日足価格チャート

(TraidingViewのXRP/USD 日足チャート)

XRP/USDの日足チャートを分析していきます。対法定通貨チャートでも、12月17日近辺より下降チャートを形成しています。

しかし対ビットコイン(BTC)チャートとの相違点としては、対法定通貨チャートでのリップル(XRP)は、今回の下落は2018年以降の最安値を更新したことにあります。

弱気相場となっているリップル(XRP)ですが、12月18日より揉み合いの値動きへ移行しています。

揉み合いの値動きでは対ビットコイン(BTC)チャートと同様に上値を切り下げる展開となっており、下降型のトライアングルパターンを形成しています。

上値を抑え込まれつつあるリップル(XRP)は本日12月26日までに値幅を大きく収束しており、近々次なる動きが見られる可能性があるでしょう。

更にその動きとは弱気相場の中、上値を切り下げているという点より、下方へ動き出す可能性が高いと捉えることができます。

今後のリップル(XRP)価格チャートで予想される動き

サポートラインブレイク後、大きく上値を切り下げているリップル(XRP)、移動平均線でも下降トレンドのパーフェクトオーダーが続いており、今後も下落方向へ動き出す可能性が高い相場です。

今後仮に更に下値を落とす場合、下値は2019年8月から9月にかけてのサポートラインであった0.000024BTC台が意識されることになり、次に反発が起きやすい価格帯とも言えます。

そのためまずは0.000024BTC台まで下落し、その後強い反発、もしくはレンジ相場への移行が可能性として考えられやすく、長く続く下降トレンドの終了サインが出現するのか注目です。
リップル(XRP)の取引を今から始める方はトレード初心者の方はレバレッジ倍率が最大100倍、追証なしで安心に取引が行えるBitMEXがおススメです。口座開設はこちらから

リップル(XRP)の今後注目すべき価格

今後リップル(XRP)相場にて注目したい価格帯は、上値は過去のサポートラインである0.00000277BTC台近辺です。

下値に関しては2018年の夏季にサポートラインとして機能していた0.000024BTC台に注目し、強い反発を見せることが出来るのか確認しましょう。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。

仮想通貨の最新情報をお届けします!