リップル技術使用したモバイル決済アプリ『SCB Easy』が東南アジアで拡大へ|タイのサイアム商業銀行

タイ最大の銀行の1つサイアム商業銀行(SCB)が、リップル社の技術を使用したモバイル決済アプリ『SCB Easy』の海外展開を計画していることが明らかになった。

目次

リップル技術使用したモバイル決済アプリが東南アジアで拡大へ

SCB Easyは、リップル社のネットワーク上で国際送金を迅速かつ低コストで処理する。SCBの上級副社長アーティット・シーウムポーン氏は、昨年のSwell会議でSCB Easyのデモを行い、40秒以内に受取人の銀行口座に資金を移動させた;

「今日、お金を送金するのはとても困難です。人々は実際に銀行に行って複雑なフォームに記入し、透明性が無い中で送金を待たなければなりません。私たちのサービスによって、海外の大切な人への支払いがすぐに届くようになります。」

8日のリップル社のブログによると、サイアム商業銀行は『SCB Easy』サービスをCLMV(カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム)に拡大する計画だ。

さらに、SCBはリップル社と協力して『(EMVC)QRコード』を使用した国際的な支払いサービスを構築している。QRコードを使用した支払いは東南アジアで最も人気のある支払い手段だが、通常はローカルエリアでのみ使用される。この機能によりSCBは送金だけでなく、マイクロペイメント市場も取り込むねらいだ。

「みなさんがタイを訪れる観光客だとして、支払いに自国のモバイルアプリをスキャンして、タイバーツに交換する必要がないと想像してください。モバイルアプリを開き、QR支払いをスキャンしてすぐに商品を受け取れます。」

シーウムポーン氏は、SCBが「リップル(技術)で人々のライフスタイルを変えていく」と表明した。

2019年5月にSCBは公式ツイッターで、国境間トランザクションにリップル社のブロックチェーン技術『xCurrent』を使用していることを確認した。xCurrentはXPPを使用せず、分散型台帳技術を活用するSWIFTのメッセージングシステムの代替ツールだ。QRコードの新サービスの仕組みは現在のところ明らかにされていない。

関連記事



目次