COIN TOKYO

¥933,817
BTC +0.21%
¥24,367
ETH +0.48%
¥25.46
XRP +0.18%
¥33,558
BCH +0.13%
  • 2020/01/15
  • 2020/01/15
  • コイン東京編集部 ライター兼トレーダー 佐藤希

モナコイン(MONA)の価格が12%急騰して100円を超える-価格変動の原因を探る!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年1月15日はいくつかの暗号資産で価格が急騰し、モナコインもそのなかのひとつです。この記事では、13時間で12%の価格上昇を見せたモナコインについてチェックしていきましょう。価格変動の原因はなにか、今後の動きはどうなるのかをチェックしていきましょう!

モナコイン(MONA)の価格が12%上昇

2020年1月14日 22:00(JST)頃よりモナコインの価格が大幅に上昇し、15日11:00までの13時間の上昇率は12%に達しています。具体的な価格は下記の通りです。

■MONA/USDの価格推移
2020年1月14日 22:00(JST)頃: 0.8689 USD(95.54 JPY)
2020年1月15日 10:00(JST)頃: 0.9737 USD(107.17 JPY)

■MONA/USDの価格上昇率
約12%

この価格上昇によって、モナコインの価格は久しぶりに100円を超えています。この価格変動は何が原因となっているのか、今後の動きはどうなるのかをチェックしていきましょう。

モナコイン(MONA)の価格急騰の原因を分析

最初に、今回のモナコイン(MONA)の価格上昇の原因をチェックしていきましょう。

暗号資産市場全体の価格が上昇傾向にある

15日は暗号資産市場が全体的に上昇傾向にあり、ビットコインやイーサリアム、ビットコインキャッシュなどの主要コインの価格は軒並み上昇しています。モナコインもこの動きに影響されて価格が上昇したと考えられるでしょう。

モナコインは雲を突破して一気に価格が上昇

モナコイン自体のチャートをチェックしてみると、一時的なレンジ相場になっていた8:00頃に上昇トレンドに転換し、一目均衡表における雲を超えると一気に価格が上昇しています。

その後は一時的に反発する動きがあったものの、再び価格が上昇して0.96~0.97 USDあたりで落ち着いています。

モナコイン(MONA)の今後の重要ポイント

次に、今後の価格推移をチェックする上で重要なポイントをいくつかみておきましょう。ぜひトレードの参考にしてみてください。

1. サポートラインに支えられて上昇トレンドが継続するかどうかに注目

最初にチェックしておきたいのが「上昇トレンドラインサポートラインとして機能し続けるかどうか」というポイントです。2020年1月15日12:00(JST)時点では機能していると見られます。

これが機能している間は上昇トレンドとなるため、安定した価格上昇が見込めるでしょう。一方で終値がトレンドラインを下回った場合は、レンジ相場や下降トレンドへ移行する可能性があります。

トレードする際にはこれらのポイントに注目しておいてください。

2. アセンディングトライアングルを形成し、ブレイクアウトするか

直近のチャートをチェックすると、0.975 USD付近にレジスタンスラインが存在しているとみられます。そこに向けてアセンディングトライアングルを形成している途中であるとも考えらるでしょう。

幅が狭まってきているので、アセンディングトライアングルをブレイクアウトしてさらに上昇する可能性もあります。サポートラインが機能し続けた場合はこの動きになる可能性が高いので、チャートに注目していきましょう。

一方でサポートラインを下回り、上昇トレンドが終了した可能性が高まった場合は次に紹介するポイントに注目してください。

3. 今後は100円(0.95 USD)を安定して超えてくるかにも注目

モナコインは今回の価格上昇で久しぶりに100円を超えています。今後はこの100円のラインを超えた状態を維持できるかも注目点といえるでしょう。

ビットコインやイーサリアムなど、ほかの暗号資産の価格変動に影響されることも多いので、それらのコインについてもあわせてチェックしておくことをおすすめします。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る